« 2月25日(土) 細くとも 長く続けて 堂々と テクノクラブも 酒が飲めるぞ | トップページ | 3月2日(木) 気がメール 真贋論争 やってる内に 予算も税も 衆院通過 »

2月28日(火) 花粉症 撲滅めざし 十余年 今日国会も アレルギーだね

18028jpg

この日は、午前11時からハクション議連。今ではこの議連名も少しは有名となったが、花粉症を中心としてアレルギー症をこの世から無くしてしまいたいという願いを込めて、11年前に産声を上げた議員連盟である。以来、アレルギーに関する研究の推進、臨床治療の研究体制整備、アレルギー科の標榜、花粉の飛散状況の観測体制整備等を後押ししてきた。随分多くの実績を残してきた議連であると考えている。

 この日も、いよいよ今年の花粉症シーズンを前にして、各省庁の取り組み状況をヒアリングさせて頂き、相互に意見交換を行った。加えて、この11年間の間、自民党内の活動として、問題解決への基本的方向を指し示すことが出来たので、これからは、他党議員も含めて、超党派で更に力強くこのアレルギー撲滅運動を推進しようと、会則変更を行い、組織替えを行うことも決定した。これから新たなる装いで、活動を進めてゆくことになる。今後共、暖かいご理解とご協力を頂ければ幸いである。

 尚、この日のニュースは、永田寿康議員の偽メール問題一色という感じであった。永田議員が、武部幹事長と自民党を"金で魂を売った”と追求したメールが、実は偽の疑いが高くなったということで、謝罪。民主党内が大揺れに揺れた一日であった。

 私はこの様子をニュース等で見ながら、これも、花粉症と同じで、異物に対する、過剰反応のなせることであると感じた。小さなことを過大に語り、その対立をショーに仕立てて、国民の関心を引こうとする政治のやり方を、そろそろ考え直さなくてはならない時なのではにだとうか。

 私は対立よりも調和が、より大きな実りを生み出すこととなるに違いないと考えている。政治の世界のアレルギー症も、これから治療してゆかねばならないことだなと考えた次第であった。

|

« 2月25日(土) 細くとも 長く続けて 堂々と テクノクラブも 酒が飲めるぞ | トップページ | 3月2日(木) 気がメール 真贋論争 やってる内に 予算も税も 衆院通過 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。