« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

3月25日(土) ふるさとの 大地に新たな 芽いくつかあり まだ頼りなく 風にふるえている

180325jpg_1

 朝自宅で、一週間分の新聞に目を通したり、雑務処理をした後、9時から事務所で、新居浜商工会議所青年部役員の皆さんと話し合い。

 かつて別子銅山でにぎわったけれど、今は過疎に苦しむ別子山地域に、新しい可能性を切り拓いてゆきたいのだとの相談であった。地域に100の夢を描き出す運動を提案した次第である。

それから、リーガロイヤルホテル新居浜で 嵯峨御流80周年記念式典。合わせて花展も開催していたが、長い歴史と伝統の上に門人皆さんが精魂傾けてお花を生けているのでねとても立派なものであった。

 この式典を中座して、松山へ。午後1時から自民党愛媛県連が主催する激励会であった。ことで、“道州制と愛媛県の可能性”をテーマに講演。それから、事業再生支援協会四国支部設立総会に出席。約30分の記念講演を懇親会。

 政治家が自らのビジョンを語り、その問題をお互いに論じ合うという動きが生まれ始めている様だ。時代は激しく動き、新しい時代を切り拓いてゆかねばならない中で、政治家はその新時代のシンボルにもならなくてはならない。遠く時代を展望し、広く深く考え、自分自身のビジョンを次々に生み出してゆきたいものだと思う。

 そこから、再び西条市に戻り“日韓チング藤原武先生の夕べ”と題した、大正琴グループ主催の会合へ。ここへは韓国から20名余の方々が訪れていた。そこで、久門真理子さん、そして、合唱団の皆さんと共に「伊庭貞剛」を歌う。

一日中愛媛県内を駆け回り、語り、歌った。そして、地域の中の色々な胎動を肌に感じた。これらの動きを大きく育てていきたい物である。

| | コメント (0)

3月23日(木) 暮らしの中に 登場間近の ロボット君 まだ見ぬ子どもに 夢抱く母の気持ち

180323jpg_1


 午前中、諸会合と雑務処理。

 正午から、ブルガリア共和国国民議会議長をお迎えしての歓迎レセプション。その後、午後1時から衆議院本会議。

 この日、特筆すべき取り組みは、芝公園にある機械振興会館で、医療福祉機器開発にあたっている研究者やビジネスマンにお集まり頂いて、これからの時代の介護・福祉ロボットについて、私からお話をして、意見交換を行う会を開催したことであった。集まったのは30名弱の人数であったが、恐らく強い問題意識を持って日々新しい可能性を切り拓くために格闘しておられる方々なのであろう。講演後の意見交換の場面では、問題点を的確に突いた鋭いご意見を多く頂いた。

 昨年の愛知万博以来、生活の中で活躍するロボットについて、国民的な広い認知が生み出されてきた様に思う。一方政治・行政面でも、これからの少子高齢社会を乗り切るには、社会の色々な部分にロボットを導入してゆかねばならないと言う考えが広がってきた様に思う。後は、具体的に実用に耐えられるソーシャル・ロボットを実現することだ。そうすれば、一気にロボットが社会生活面に普及を始めることになるだろうと思う。

 だから、私は、この様な会合を出来る限り開催してゆきたいと思うし、またロボットに関心を抱く企業を訪問して実用ロボット開発をお願いすると共に、問題点をお聞きして、政治的に対応すべき点はきちんと対応して、社会側の受け皿を整備することにも努力したいと思う。

 “千里の道も一歩から” ということである。

| | コメント (0)

3月22日(水) 総理の言 改革なくして 増税なしと 我ら現地の 調査行なう

180322jpg_2

 午前中は色々な会合や打合せ、雑務処理等。

 午後2時、財務金融委員会の視察に出発。これは、今国会に政府から提出されている“国有財産の効率的活用を推進するための国有財産法の一部を改正する法律案”について、近々委員会で審議を行う前に、一度委員会として、実態を視察しておこうというものであった。この日午後のみの視察であったので、国会周辺の施設だけであったが、それでも、千代田区と一緒にPFI方式で建設中の国の庁舎、色々な種類の公務員住宅、都内一等地の広大な研究施設等、10箇所弱を見て回ることができた。

 “百聞は一見に如かず”とよく言われるが、正にその通りで、これまで、国有財産と言っても、抽象的にしか捉えられなかったものが、現地で現物を見ながら、その実態をお聞かせ頂くと、そこから様々な問題が見えてくると同時に、その背景も肌に感じられてきたのであった。

 これから審議する法律は、国有財産の有効活用と売却の促進、耐震性能を確保した庁舎等の効率的整備の推進等が織り込まれた法律である。国の財政を建て直し、累積赤字を少しでも減らしてゆくために、国の資産をより有効に活用してゆこうとするのは当然のことであり、今後の委員会審議を通して、更に新しい提案が生まれてくることを期待したいものだと思う。

 それにしても、この日の視察には、与野党の全理事が出席し、委員を含めて25名が参加した。総勢40名中これだけ多くの委員が参加する視察というのは、余りないことではないかと思う。それだけに、この問題への強い関心を感じ取った次第である。

| | コメント (0)

3月19日(日) すごい人 今生命ありせば 何を為す 時空を超えた 対話を行なう

180319_1

 昨日の夜は、地元で夜の会が幾つかあったので、それらを終えて、8時33分のJRで京都へ移動。京都駅近くのホテルに到着したのが午前0時半頃となった。

 朝は9時過ぎに、京都東山にある霊山歴史館へ行く。ここを舞台に今日一日“第1回 日本を変えたすごい人サミット”を開催するためであった。

 まず午前10時から、全国各地の凄い人を顕彰している方々が集まっての意見交換会であった。具体的には、空海、佐藤一斎 、中江藤樹、山田方谷、坂本龍馬、吉田松陰を顕彰する人たちと今回の実行委員会メンバーが一緒に語り合った。ここで、この凄い人サミットを今後も継続してゆくことを確認した。

 その後、パネラー皆さんの着替え。今回は顕彰者皆さんが各々尊敬するすごい人になり替わって、今の時代の問題を論じ合うという形をとったので服装までその当時の物を着ようということにしたのであった。

 そして、午後1時からシンポジウム。まず私から実行委員会代表として、この会の趣旨等の説明。それから、京都市教育委員会の門川教育長が京都の教育・人作りに対する考え方をお話しされた。その後、6人のパネラーが一人ずつ、すごい人の紹介と今生きていたら何を語り、何をしようとしただろうかという点を語る。

 そしてそれから、全員揃って、パネルディスカッション。すごい人というのは何がすごいのか、そして、私たちはその人から何を学び取り、今を力強く生きてゆけるのか等。会場の皆さんも交えつつ、奔放に語り合った。

 そして最後は、鍵山秀三郎先生の登場。全体をまとめて頂いた。夜は懇親会。参加された方々が満足して頂いた会であったようで、異常に盛り上がる。

 夜8時半京都駅発ののぞみで上京。有意義な1日であった。

| | コメント (0)

3月16日(木) 西欧の 時代は既に 行き詰まり 次は東洋 森の文明

180316_4

 朝、宿舎で10時過ぎまで雑務処理や執筆、書類整理。

それから、清和政策研究会の政策委員会に顔出しの後、党本部へ。

 この日は、午前11時から、京都の国際日本文化研究センター教授の安田喜憲教授にお越し頂いて、新世紀文明国会議員懇談会を開催。テーマは「生命文明の構築に向かってアニミズム連合を結成する」。森喜朗会長をはじめ約15名の国会議員が参加する。

 安田先生は、これまで長く続いた西欧文明の優位がこれから崩れ、新しく、この世に生きとし生ける様々なものとの調和を図るアニミズム文明が強くなるとの展望を示され。その時に、日本は近隣諸国と共に世界文明に大きな役割を果たすことになるだろうといった趣旨のお話をされた。その新しい文明のことを「森の文明」とも表現されたため、森会長も我が意を得たりという感じで、森会長を中心として、活発に意見交換が行われた。

 私も、安田先生のご主張には賛成であり、これからの新しい社会像にこの文明観を基に描き出してゆきたいと思う。そして、それが、研究面での私のライフワークとなる気がしている。とても有意義な時間であった。

 この日は、その後、本会議が開かれ、終了後JRで地元に戻る。色々な問題が山積する中、この頃は少し頭の中が混乱気味である。その混乱を乗り越えて、様々なものが並存する中での調和をいかに作り上げてゆくことが出来るのか、今回お聞きした安田先生のお話を反芻しつつ、新しい時代を夢見た次第である。

| | コメント (0)

3月12日(日) 四国向け 道州制の 風が吹く 帆を高く揚げ 行かん未来へ

180312_1

 “第1回四国未来ビジョンフォーラム”の日。
 朝、JRで、会が開かれる高松市に向かう。会場であるリーガロイヤルゼスト高松に少し早めに着いて、会場の準備状況を確認した後、午前11時よりパネラーの打合せ。 

 そして、午後1時から約230名の参加の下、フォーラム開会。

 まず最初に、大野功統・自民党四国ブロック両院議員会会長より主催者挨拶の後、来賓として、森田一前四国ブロック会長と大西淳四国経済連合会会長よりご挨拶を頂いた。

 そして、基調講演。四国経済産業局・塚本芳昭局長から、”四国の経済ポテンシャルと今後の課題”と題して、お話を頂く。世界各地の、四国と同程度の人口の国々を例に取り上げ、それらの国々が小規模といえども、高いレベルの経済活動を展開し、国際競争力ランキングで日本よりもずっと上のレベルに達していることを紹介され、四国もやり方によっては、立派な経済活動が可能であることを示唆して頂いた。

 その後、パネルディスカッション。JR四国の梅原会長、日本政策投資銀行の廣田四国支店長、日本青年会議所四国ブロックの近兼前会長、そして、四国比例区選出の西本代議士に、塚本局長にもお加わり頂き、約2時間活発に論じ合った。ここでは字数が限られその内容をご紹介出来ないのが残念であるが、事前にパネラーから頂いた、提案を合わせるとこのフォーラムで約100項目の提案を出すことが出来たのではないかと思う。

 道州制導入の議論の中に、確かな一歩を踏み出すことが出来たと実感したフォーラムであった。

| | コメント (0)

3月8日(水) 1日の 24時間 キャンバスが 未来の樹々で 埋まった日だね

180308_1

 朝8時より東京OAK・TREEフォレスト。テーマは”道州制と地域発展の可能性”。約40名参加。

 その後、部会や事務所雑務の後、午前11時より日本・宇宙議連。今日は、アメリカ・ジョージワシントン大学の宇宙政策研究所長ジョン・ログストン教授をスピーカーにお招きして開催した。

このログストン教授は、NASAのグリフィン長官と親しく、アメリカがこれから月面探査等の新しい宇宙プログラムを国際協力の下で推進するにあたり、世界各国を歩いて、色々な意見を聞いておられるとの事であった。そこで、宇宙議連としても、今後の日本における宇宙開発の方向性を探る上にも、丁度良い機会だと、この会を開催した次第である。尚、ログストン教授は、昼食の予定がまだ入っていないとのことであったので、本音を聞かせて頂く上にも好都合と、昼食を交えての懇親会も会合後に開かせて頂いた。

 更に夕刻5時からは、衆議院財務金融委員会、年度末までに成立させなくてはならない法案があり、午後7時半くらいまで、その審議を行う。

 そこから"栄養教諭実現感謝の会”というのが赤坂プリンスホテルで開かれていたので、そこに閉会間際に飛び込み挨拶。長い年月をかけた運動の成果として、栄養教諭が実現したものであるが、”子どもたちの体の健康を考えるだけでなく、心を病む子どもも増えているから、栄養教諭になる皆さんには、自分自身の人間学よく学び、心の栄養を与えられる先生になって頂きたいとお願いしておいた。

 何とも慌ただしい1日であった。

| | コメント (0)

3月6日(月) 音楽の 醍醐味 それは ハーモニー この世が全て 調和になるとイイネ!

180306_1

 午前中は宿舎で執筆。特に今週は水曜日朝に東京OAK・TREEフォレスト会合を控えているので、その会合資料の執筆に力を注ぐ。

 午後、国会議員会館事務所に出て、来客応対。事務所内の打合せ、書類整理、雑務処理等。

 そして、午後4時から「音楽文化振興議員懇談会」開催。今回は、音楽CD再販問題が、大きく論じられていることもあり、音楽関係の10団体がやって来て、この再販制度がいかに音楽文化を守る上に大切な制度であるかという主張を、聞かせて頂く。要するに、音楽CDが再販制度から外されると、大手スーパーチェーンなどの客引き商品として、値引き販売すされることになり、一気に値崩れが起きてしまう。その時、レコード会社まで卸値の値引き交渉が行われ、感性豊かなクリエーター達が収入も少なくなるし、何よりも今はレコード会社は、売れない作家や歌手を抱えているけれど、値引きが進むとそんな余裕もなくなって、売れる歌手のCDだけしか出せなくなって、文化の多様性が失われてしまうのだということである。

 化粧品も再販制度を外したのだからCDも外して良いじゃないかと同列に論じられることがあるのに、音楽関係者は憤慨をしておられた。

 私も、自由競争が正しいとは思わない。あるモノサシの下で競争した時に、弱いものに全く価値がないとは考えない。しかし問題は、保護するとどうしても安逸に流れることである。この問題にどんな答えを出せるのだろうかと思う。少なくとも、より大きな可能性に挑戦するという姿を失えば、水はよどむ。デジタル時代の音楽界が、どんな展望を持ち、挑戦してゆくかという問題の中に、この問題も考えねばならない問題だ。

| | コメント (0)

3月2日(木) 気がメール 真贋論争 やってる内に 予算も税も 衆院通過

180302jpg

 午前中、宿舎で各趣文章の執筆、特に、四月中旬に日中間の財政再建問題を思想面から論じた本を一冊出版するので、その文章修正作業等に時間がとられる.
 正午より、自民党の災害対策特別委員長である井上喜一先生、そして三菱総合研究所で研究理事を務める野口和彦氏と一緒に、昼食を摂りつつ、科学技術を活かす災害得策の議論の方面づけを巡って意見交換、また文部科学部会で京都市の門川大作教育長のお話をお伺いする。
 そして、午後2時半からは、財務金融委員会。公債発行特別、国有林野事業、特別会、所得税法等に関する法律案3案の採決であった。これら法律案は、予算案と同時に本会議に賭けられる慣例になっているため予算委員会採決直後にこの委員会が開催されたのであった。無事 3法案は可決
 それから本会議である。予算案採決の本会議は、通例、この通常国会最大の山場とされ、開会予定時刻が議運で決まっていても、野党側が色々と抗議をしたり注文をつけたりしている内に時間が過ぎてゆき、夜中にようやく開かれるという形であった。
時によれば、午前0時を過ぎてしまって延会手続きをした上で、翌日の午前2時とか3時に開かれるということも多かった。
 しかし、今回は、定時に開会され、粛々を採決が行われた。全く何の波乱もなく、与党側からも、こんな形で予算が通過して良いのかと心配の声が上がる程であった。偽メール問題で、最大野党民主党が、予算審議にする正面から抵抗されない状況なればこそのことであった。
 尚、私も先の委員会で可決した3法案を緊急上程、委員長報告を行い、無事衆議院を通過させることが出来た。
 それにしても、ヤレヤレ・・・。本家の国会の姿を早く取り戻さないと大変である。

| | コメント (1)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »