« 10月2日(火) 国会は 男女の仲と 良く似てる 嫌よ嫌よも 好きの内かも? | トップページ | 10月4日(木) 国会で 総理が語る 情報量は デジタル写真 一枚に如かず »

10月3日(水) 現代の 国家の興廃 主戦場 強く遍き 技術の粋にあり

20071003

 福田総理、初の代表質問への答弁。世評では、この福田内閣の特徴は“安定感”とされているが、総理の答弁を聞いていても、そつなくこなし、確かに、本会議場全体も、落ち着いた雰囲気に変わった。

 夕刻より、理化学研究所が主催する“次世代スーパーコンピューティングシンポジウム2007”に出掛ける。これまで世界の最先端を走ってきたスーパーコンピューター“地球シミュレーター”が、年と共に古くなってきたので、次世代のものを開発し、再び世界のトップに立とうとする、野心的プロジェクトである。

 この話を聞きながら、昔、渡部昇一先生からお聞きした話を思い出した。“世界の歴史を振り返ると、最も強力で普遍性のある道具を持った国が、必ず闘いに勝利する。第2次世界大戦でその決め手は、軍艦でなく飛行機だった。情報社会ではLSIである”という話である。ならば、これからは、このスーパーコンピューターが、先端技術分野における競争の勝敗を決する道具となり、国の盛衰を左右するものとなるのかも知れないと思った。

|

« 10月2日(火) 国会は 男女の仲と 良く似てる 嫌よ嫌よも 好きの内かも? | トップページ | 10月4日(木) 国会で 総理が語る 情報量は デジタル写真 一枚に如かず »