« 10月29日(月) 放送の 向こうに誰が いるのだろう どんな心で 聞いてるのだろう…… | トップページ | 10月31日(水) 世の中は 一面だけじゃ 語れない なのに… 決めつける人 多いね この頃! »

10月30日(火) 心には 心合わせて 丸くなる 法で裁くは 居心地悪し

20071030

 愛媛県人権対策協議会の皆さんが上京。議員会館の会議室で中央集会が開催されたので、それに参加し、挨拶を行う。今回の大会の中心課題は、“人権の街づくり対策基本法、並びに人権救済法の早期制定を求める“ということであった。

 私は、人間社会は、人権尊重の上に成り立つものであると考えている。どのような人であれ、その人権は最大限尊重する生き方をしてゆきたいと心に誓っている。しかし問題は、それを法において規定するという点にある。人権が侵害されたか否か、その点に客観的な根拠に基づくきちんとした判断ができる問題は良いのだが、心の問題として、自分の心が傷つけられたと感じたから、法によってそれを裁けということになると、問題は簡単ではない。主観的な受け止め方によって、犯罪になるということには、大きな疑問が残る。法体系そのものを壊しかねない。

 私は、心の問題は心の問題として取り扱うべきではないかと考えている。そして、その実践者でありたいと考えている。

|

« 10月29日(月) 放送の 向こうに誰が いるのだろう どんな心で 聞いてるのだろう…… | トップページ | 10月31日(水) 世の中は 一面だけじゃ 語れない なのに… 決めつける人 多いね この頃! »