« 12月16日(日) 佐世保での 銃の事件が 気に懸り 我が胸の内 鉛の如し | トップページ | 12月18日(火) “千の風” 年間トップの 歌となる 真善美へと 回帰の風吹く? »

12月17日(月) 内閣の 支持率4割を 切るという 膿を出し切り 再出発だ

20071217

 朝から宿舎で、清和研政策委員会における議論を基にした、提言案を執筆。衆参ねじれ現象下において、これから国会運営をいかに行うか、という課題への提案であった。しかし、そもそもその前に、議会制民主主義政治の原則は何か、日本国憲法の精神をいかに解釈すべきかといった根本問題までも考慮しつつ、その指針を示してゆこうというのであるから、中々うまく整理作業が進まない。

 尚、この日は、テレビで、9月26日に発足した福田内閣の支持率が40%割れとなったことが報じられていた。年金記録問題について、来年3月までに、加入者の全記録の突合作業に目途をつけると夏の参院選で公約していたにも関わらず、1500万件もの記録について、その名寄せ作業が困難と発表されたことに対し、総理が“公約というほどのものだったかなぁ”と少しあいまいな発言をしたことへの反発と説明されていた。

 今は、この国に長い間積み重なってきた問題が、膿のように外に出てきている時なのだと思う。病は、膿を出し切らないと治らない。一時的に不人気であっても、意を決して膿を出してゆけば良い。そして、そこから立ち上がればいい。

|

« 12月16日(日) 佐世保での 銃の事件が 気に懸り 我が胸の内 鉛の如し | トップページ | 12月18日(火) “千の風” 年間トップの 歌となる 真善美へと 回帰の風吹く? »