« 9月15日(水) 三原より 高梁までの 道中に 立ち寄りたるは 金光教会 | トップページ | 9月17日(金) 菅総理 今度は改革 本気だね 一気に進むか 政界再編 »

9月16日(木) ツメ切りが 看護行為か 犯罪か こんな裁判 何かおかしい

 終日、OAK・TREE10月号の修正と編集作業を行う。暑さも少し和らいできて、クーラーが無くてもそれほど気にならない。あぁ一ヶ月が確かに過ぎて、秋になったんだと、仕事をしつつ皮膚感覚の中で感じた次第である。
 ところで、この日、これはいったい?と感じたのは、ニュースの中で取り上げられていた、ツメ切り裁判のことであった。何でも、北九州八幡東病院の上田里美看護課長が、患者のツメを深く切って出血させたとして、訴えられていた裁判の控訴審で、一審の有罪判決を破棄して無罪が言い渡されたというものである。
 こんな問題が、全国ニュースで流されたのは、意外性のあるテーマだったからであろうが、それにしても、何故、こんなことが裁判になったのかが、よく分からない。平素の看護行為に対して患者側がかなりの不信感を持っていたからなのか、または、売り言葉に買い言葉となってしまって、引くに引けなくなって裁判に訴えたのか、何にしても、裁判に訴えなければ、この程度の問題に決着がつけられない社会というのが、情けない。???という気持ちである。

Mx4500fn_20100917_181643_001

|

« 9月15日(水) 三原より 高梁までの 道中に 立ち寄りたるは 金光教会 | トップページ | 9月17日(金) 菅総理 今度は改革 本気だね 一気に進むか 政界再編 »