« 9月21日(火) この国の 礎たるべき 法曹の ゆらぎに思うは メッキのあやうさ | トップページ | 9月23日(木) OAK・TREE ようやく出稿 300号 この日にゃイチロー 200本打つ »

9月22日(水) ロボットにゃ ロボットとして 拓くべき 道あるはずだ 霧の中にも

 朝から、大阪門真のパナソニック本社内にある、ロボット研究開発のオープンラボを訪問。これからロボット、特に生活面において役に立つロボットの開発が急務だと、会社役員から、一度その開発現場を見てアドバイスをして欲しいと、招かれたのであった。

Mx4500fn_20100928_173938_001

 まず開発の概要をお聞きした上で、開発中のロボットを見せていただいた。率直に言って、ずいぶん色々なロボットが開発されているのだなという印象であった。特に、障害者が寝たままの状態のままで簡単に車いすに変わるベッドというのは、かなり力を入れて研究を進めている感じであった。それから、自動で髪を洗うロボットというのも、興味深いものであった。
 おそらく実用化となれば、安全性の問題やコストの問題があって、これからいくつもの壁を越えて行かなくてはならないのだろうと思う。しかし、この分野にニーズは間違いなくあるのだから、後は、さらなる創意工夫と重い壁を動かす忍耐力である。今はまだ、霧の中にいるようなところがあるだろうが、必ず道はあると、確信をしたのであった。

|

« 9月21日(火) この国の 礎たるべき 法曹の ゆらぎに思うは メッキのあやうさ | トップページ | 9月23日(木) OAK・TREE ようやく出稿 300号 この日にゃイチロー 200本打つ »