« 12月9日(木) 本物は 内より出ずる 光にて 我も回りも 幸せにする | トップページ | 12月11日(土) スウェーデン ストックホルムじゃ ノーベル賞 対して我は 人・ノベル賞 »

12月10日(金) この夏の 酷暑もとっくに 過去となり 忘れし頃に 「暑」を思い出す

Mx4500fn_20101214_174018_006

 「今年の漢字」が、京都清水寺境内で発表された。今年選ばれたのは、「暑」という漢字であった。この漢字選択は、広く国民からの投票によって行われるということである。ならば、この夏の歴史的な猛暑こそが、国民意識に最も強く印象に残ったということだろうか。あるいは、国民の感覚には、この熱暑の苦痛が、仕事や生活の中での様々な痛みと重なり合うところがあったのかも知れない。何ともやるせない気分が伝わってくる。
 それにしても、今は、冬。朝夕はめっきりと冷え込んで、北海道や山間部では、初雪の知らせも聞こえてくる。もうすっかり、体の方は、冬モードになっているが、記憶というものは、なかなかしぶといものだと思う。今年の漢字に、この「暑」が選ばれたと、ニュース番組で見ると、たちまちあの頃の皮膚に差し込んでくるような暑さを思い出した次第である。
 山高ければ谷深しという言葉がある。さしずめ、気候でいうならば、夏熱ければ冬寒しとなるだろうか。これからいよいよ冬本番。この報道を見ながら、つい身構えてしまった次第。

|

« 12月9日(木) 本物は 内より出ずる 光にて 我も回りも 幸せにする | トップページ | 12月11日(土) スウェーデン ストックホルムじゃ ノーベル賞 対して我は 人・ノベル賞 »