« 12月12日(日) プラトンの アカデメイアを 論じんと 準備はしたけど アカんデようメイヤ | トップページ | 12月14日(火) 日本は 太った敗者 愚かなる 指導者による ビジョンのない国…とや »

12月13日(月) 理屈など いくらこねても 理不尽と 崩壊寸前 民主党かな

Mx4500fn_20101218_132135_003

 永田町が、随分とごたごたしているようである。それも、民主党内部の騒動である。特に、この日は、民主党の幹事会が開催されたようであるが、小沢一郎代議士の政治倫理審査会出席問題を巡って、激しい応酬があったとのこと。この問題は、基本的には、小沢代議士が自分から出るといえば、それで終わる問題である。その首に鈴をつけられないで、おたおたしている民主執行部の様子を見ていると、憐れさすら感じられてくる。民主党とは、本当に、公共性に立脚した政党なのだろうかという根本的な疑問も否定できない気分である。
 加えて、諫早湾埋め立て事業に伴う潮止め堤防の開扉問題も、これからどうなることやら、そういえば、沖縄の普天間基地移転問題も、まだ迷走を続けている。
 私の見るところ、民主党の国会議員は、理屈を語ることにおいては、なかなかの力量をお持ちのようである。しかし、理屈をいくらこね回しても、それで人の心を得心させることが出来なければ、所詮、理不尽な話になる。政治家には、理屈を超えるものが必要なのではないかと、岡目八目。

|

« 12月12日(日) プラトンの アカデメイアを 論じんと 準備はしたけど アカんデようメイヤ | トップページ | 12月14日(火) 日本は 太った敗者 愚かなる 指導者による ビジョンのない国…とや »