« 12月15日(水) 見識も 覚悟もなしに ただ言葉 振り回したる ツケの大きさ | トップページ | 12月17日(金) 人生を 終わりにせんと 青年が 人傷つける 不気味な時代 »

12月16日(木) 政府では 税制大綱 決定す 小沢問題 決着つかず

 政府は、来年度税制改正大綱を閣議決定。その目玉は、法人税の5パーセント引き下げなど、企業減税を優先したこと。そしてその一方では、高額所得者を中心に、個人課税を増税。また、来年度予算編成方針もこの日、閣議決定し、新規国債発行額を、本年度と同レベルの約44兆円以下にすると同時に、国債の元利払い費を除く歳出額も71兆円以下に抑えることとした。この方針で、果たして民主党が「必ず実現する」と選挙戦の中で約束したマニフェストが守られるのかどうか…。これからどんどんとその破綻が明らかになってきそうである。

Mx4500fn_20101218_132135_006

 それにしても、マスコミ報道は、どうなっているのだろう。国民生活に大きな影響がある税制や予算の問題に対して、一応の形式的な報道はあったが、財務省発表を;超える報道はほとんど何もなかったという印象である。マスコミ側にその対案が提示できないから、おざなりの報道に終始したのか、または他の理由があったのか…小沢一郎代議士の金銭問題報道に較べて、少しバランスがおかしいのではないかと思ったのは、私だけではないと思うが…。

|

« 12月15日(水) 見識も 覚悟もなしに ただ言葉 振り回したる ツケの大きさ | トップページ | 12月17日(金) 人生を 終わりにせんと 青年が 人傷つける 不気味な時代 »