« 12月21日(火) 離れたる 親戚よりも 他人でも 近きを頼れと 古人語りし | トップページ | 12月23日(木) この国の 祈り集めて 背負いたる 天皇陛下の 心思ひし »

12月22日(水) 気がつくと 今年も残りが 10日間 それにつけても 残務の多さよ

 今年も、もう残りが10日になった。昨日までの約一週間は、OAK・TREE1月号の執筆や編集の作業にかかりきりになっていたが、ようやくそれを終えたので、さてこれからは平成22年の総仕上げと、少し肩に力が入る。

Mx4500fn_20101227_140530_005

 残務を考えてみる。すると、大きな項目が3つあった。ひとつは、本の執筆。「形式の囚人」というタイトルの本の出版を予定していて、少し書き始めてみたものの、なかなか腰を落ち着けて執筆に取り組むことが出来ず、放置された形であった。それを大晦日までに第1稿を書き上げることにしたいと思う。
 第2には、OAK・TREE運動のホームページである。議員のポストを離れると、私の考え方を示す舞台が極端に狭くなってきた。それを補うために、インターネットを活用することにしたのだが、これまでなかなか手を着けられなかった。来年の正月明けまでに、一定の道筋をつけたいと思う。
 第3には、橿樹舎と若葉書院の整理整頓。大晦日までに、一定の整理を行いたいと思う。
 このほかにも、挨拶回り、年末処理の仕事、来年の準備など、残務数知れず。これからは、時間との戦いである。

|

« 12月21日(火) 離れたる 親戚よりも 他人でも 近きを頼れと 古人語りし | トップページ | 12月23日(木) この国の 祈り集めて 背負いたる 天皇陛下の 心思ひし »