« 12月23日(木) この国の 祈り集めて 背負いたる 天皇陛下の 心思ひし | トップページ | 12月25日(土) 娘もおらず たった一人の クリスマス 心静かに きよしこの夜 »

12月24日(金) この暮れや 打ち出の小槌 尽き果てて 明日の日本に 寒気到来

Mx4500fn_20101229_131139_002

 平成23年度一般会計の予算を、この日、閣議決定。総額で92兆4000億円に及び、当初予算としては、過去最大規模である。その歳入内訳は、税収は半分以下の40.9兆円にすぎず、残りを埋蔵金と呼ばれたりする税外収入で7.2兆円、そして、借金である国債発行で今年度と同規模の44.3兆円で埋め合わせる形になっている。一応形だけは予算の編成方針をかろうじて守って形になっているが、ひどく危ない橋を渡ろうとしている。来年度の基礎収支赤字は22兆円に上り、全く財政再建への道筋は見えてこない。来年度の国債の利払い費だけで約10兆円を見込んでいるという状態である。
 これから先、恐らく消費税の増税議論がわき起こってくると思うが、消費税の1パーセントが、大体2.5兆円の税収にあたるから、たとえ5パーセント上げて10パーセントの税率にしたところで、そのほとんどが利払いに消えてしまうだけのことである。この異常な事態をどう考え、どう手を打っていくのか。しかも、今後は、今回7.2兆円を充当した税外収入も、ほぼ尽き果ててしまい、次年度以降はあてにならない。大黒様も、打ち出の小槌を振っても何も出てこないと困り顔。さあどうする!

|

« 12月23日(木) この国の 祈り集めて 背負いたる 天皇陛下の 心思ひし | トップページ | 12月25日(土) 娘もおらず たった一人の クリスマス 心静かに きよしこの夜 »