« 2月18日(金) 長宗我部 四国統一 論じたが 聴衆興味は 地元の猛将 | トップページ | 2月20日(日) 阿久根市じゃ 今度は市議会 解散と 次から次へと 飽くねぇ争い »

2月19日(土) イスラムに ワを加えれば 居座らむ 権力保身の 輪のネットかも?

Mx4500fn_20110228_190534_002

 北アフリカチュニジアでの政権交代以来、イスラム圏諸国が大きく揺れ動いている。少し前には、アラブ諸国の盟主とも言われ、長期政権を担ってきた、エジプトのムバラク大統領も退陣を余儀なくされた。報道を見ていると、このほかにも、アルジェリア、イラク、バーレーン、イエメン、イランなどでも、政権交代を求めるデモが行われているらしい。
 このしばらく、特に強い関心を抱いたのが、チュニジアの隣国リビアでの反政府運動の広がりである。このリビアでは、カダフィ大佐が、長期にわたり、独裁的強権治体制を維持してきたが、今回は、軍隊幹部をはじめとする側近たちの離反も起きている様子で、現体制も風前のともしびといった印象である。
 それにしても、これら諸国で、反体制運動がインターネットを介して形作られてきたというのが面白い。強権的指導者は、国内に生まれてくる反対勢力に対して、厳しい監視の目を光らせてきたのであろうが、既成勢力の枠組みを超えた反対運動が、澎湃と中心となる核も無く生まれてくることに対しての備えは取れなかったということだろう。
 ふと考えた。イスラムという言葉に、ワという字を加えれば、イスワラム、つまり、居座らむである。このしばらくのイスラム圏の指導者のふるまいを見ていると、この権力保身のネットワーク(輪)を感じた次第。

|

« 2月18日(金) 長宗我部 四国統一 論じたが 聴衆興味は 地元の猛将 | トップページ | 2月20日(日) 阿久根市じゃ 今度は市議会 解散と 次から次へと 飽くねぇ争い »