« 2月23日(水) 原油価が いよいよ100ドル 突破せり 日本経済 また霧の中 | トップページ | 2月25日(金) 自らで 生み育てたる 営みの コシの強さや 讃岐のうどん »

2月24日(木) 見渡せば やめない人と やめた人 いたるところで 学級崩壊

Mx4500fn_20110228_190534_007

 またも永田町が騒がしくなっている。小沢一郎・元民主党代表に近い松木謙公・農林水産政務官が、この日、菅直人首相の政権を批判し、辞表を提出し、受理された。この背景には、小沢一郎代議士の政治資金問題をめぐる菅総理の判断への不満があると同時に、環太平洋連携協定(TPP)や消費税増税に対する、政策面における考え方の違いがあったものと思う。
 特に、TPP問題に関しては、農民の立場に立って農林水産行政を展開していきたいと考えている政治家にとっては、疑問を感じるのは当然であり、政治家としての自らの魂をポストのために売り渡すことを潔しとしないということでもあったのだろう。
 しかし、ひとたび菅総理の考え方を承認して内閣の一員になった政務官が、途中でその任務を投げ出すというのは、無責任といえば無責任。これはもう、一般常識的に考えられないレベルにまで、政権の混乱が立ち至っているということでもあろう。
 あちこちを見渡せば、辞めることに伴う混乱と、辞めないことに伴う混乱が混然としてきている。組織を成り立たせている中心理念が共有されていないということであろう。まさにこれは、学級崩壊の姿である。あぁ。

|

« 2月23日(水) 原油価が いよいよ100ドル 突破せり 日本経済 また霧の中 | トップページ | 2月25日(金) 自らで 生み育てたる 営みの コシの強さや 讃岐のうどん »