« 2月4日(金) 考えた 西田博士の 本読みて 絶対矛盾の 自己同一とは? | トップページ | 2月6日(日) 名古屋では トリプル選挙 行なわれ 無党派候補に 春霞む夢 »

2月5日(土) STARTが スタートしかし 冷戦の 雪溶け地面にゃ もう霜柱?

Mx4500fn_20110210_150431_002

 この日、新START(新戦略兵器削減条約)が発効した。これは、昨年の4月に、オバマ・米国大統領とメドベージェフ・ロシア大統領の間で結ばれた条約案が、両国議会で批准されたことによるものである。
 この新STARTによれば、両国が共に、戦略核兵器については、1,550発以内、その運搬手段であるミサイルや戦略爆撃機をそれぞれ700機以内にするとされ、それをこれから7年以内に実現するというものである。アメリカとロシアの2国で、全世界の核兵器の9割を占めているから、この新条約の意味は大きいと評価できると思う。しかし、これで問題解決というわけではない。
 それは、アメリカが旧東欧圏も含めて配備を進めているMD(ミサイルディフェンス)網計画に対するロシアの不信が強いこと、それから、イランや北朝鮮など、新たに核武装を行う国が生まれてきていること、さらに、核武装国・中国が、急速に軍備増強を進めてきていること、これらに対して、これからどう対応するかという問題が残っているからである。
 いわば、遠い山では雪が消えていき、春の訪れを感じさせられる一方で、足元には、新たな霜柱が誕生し、冬への逆戻りを感じさせられているという、何とも複雑な状況である。

|

« 2月4日(金) 考えた 西田博士の 本読みて 絶対矛盾の 自己同一とは? | トップページ | 2月6日(日) 名古屋では トリプル選挙 行なわれ 無党派候補に 春霞む夢 »