« 3月17日(木) 二階から 目薬差すと いう譬え あぁこれだねと テレビ見つめる | トップページ | 3月19日(土) 地震より 1週間経て 被災地に 復興目指す 気力が出でしか? »

3月18日(金) 災害を 食い物にする 円高に 国際社会が 共同行動!

 この日の朝、日米欧の先進七カ国(G7)が、日本の円高阻止のために、十年半ぶりの協調介入に踏み切った。前日には、僅か2時間か3時間の間に、円の対ドルレートが、4円も高騰した。その理由は、今回の大地震・津波被害を受けた日本企業が、その対処(特に生命保険・損害保険などがその支払いのために、ドル資産を円に換える必要性がある)のためにドルを円に切り替えるとなれば、円高が急速に進行する筈であるという見立てに基づいたものだと分析がなされていた。
 しかし、この大規模災害を受けて、ただでさえ弱体化している日本企業の体力は著しく衰弱する可能性があり、そこにさらに異常な円高が加われば、日本経済は危機的状況に立ち至りかねない。そこで、日本の財務省と中央銀行が先進七カ国に働きかけて、円高阻止の動きを作り上げたということである。

Mx4500fn_20110319_215305_003

 それにしても、今回の大災害を食い物にしてまでも、自らの利益確保を狙う投資家たちのふるまいというのは、すさまじいものである。私たちの良識をはるかに越えたものである。かねてから、投資家たちの傍若無人なふるまいには、何らかの規制が必要ではないかという議論があったが、改めて、考えるべき問題がありそうな気がした次第。

|

« 3月17日(木) 二階から 目薬差すと いう譬え あぁこれだねと テレビ見つめる | トップページ | 3月19日(土) 地震より 1週間経て 被災地に 復興目指す 気力が出でしか? »