« 3月18日(金) 災害を 食い物にする 円高に 国際社会が 共同行動! | トップページ | 3月20日(日) 孫文が 夢を形に 国を立て 今年はそれから 丁度百年! »

3月19日(土) 地震より 1週間経て 被災地に 復興目指す 気力が出でしか?

Mx4500fn_20110319_215305_004

 宮城県沖の大地震・津波災害以降、テレビでは、ほとんど一日中、この話題だけを報道し続けてきた。これから先、何万人の死者となるかわからない戦後最大の災害であり、また、福島第一原発については、その危機が継続中であるという事情からも、メディア各社のこの判断は、妥当性の高い判断だったと思う。
 しかし、昨日でこの災害から一週間を迎えて、報道姿勢もずいぶん変わってきた。まだ災害報道のウエートは高いままであるが、その中に、通常の番組が少しずつ織り込まれるようになってきた。また、番組中に拾い上げる被災者の声も、突然の災害に驚き、悲嘆し、立ちすくんでしまっている人たちの声だけでなく、この苦難の中から、何とか立ち上がっていこうと訴えかける声も、だんだんと紹介されるようになってきた。同時に、不通だった道路が通行できるようになったり、なかなか届かなかった物資が小さな村まで届けられるようになったといった報道も多くなってきた。
 私たちは、テレビというフィルターのかかった情報に接しているわけだから、実態は必ずしも正確にはわからない。しかし、今、被災地が新たな段階に入りつつあるということは言えそうだ。今、被災者の中に、だんだんと復興を目指す気力も生まれてきているのであろうか。

|

« 3月18日(金) 災害を 食い物にする 円高に 国際社会が 共同行動! | トップページ | 3月20日(日) 孫文が 夢を形に 国を立て 今年はそれから 丁度百年! »