« 3月19日(土) 地震より 1週間経て 被災地に 復興目指す 気力が出でしか? | トップページ | 3月21日(月) 震災も 原発事故も 大事だが そればかりでは 世界が見えぬ »

3月20日(日) 孫文が 夢を形に 国を立て 今年はそれから 丁度百年!

Mx4500fn_20110330_002615_001

 四国人間論ゼミの日。この日のテーマは、「辛亥革命100年、孫文の人生と思想」というものであった。
 孫文(1866~1925)は、中国の革命家・政治家。辛亥革命により、清国を打ち倒し、中華民国を建国、臨時大総統に選出されるが、その直後に、その椅子を袁世凱に譲る。しかし、袁世凱が、約束した共和制国家の建設に取り組まず、専制化を推し進めたため、これに反対し、中国国民党を結党し、中国の真の独立と、自由・平等を求めて運動を進めたが、1925年、その途上で60年の生涯を北京で終える。その時の最後の言葉が、「革命いまだ成らず」という有名な言葉であった。
 孫文といえば、「三民主義」。当時の中国の政治と社会を変えるために、民族・民権・民生の理想の旗印のもとに、人生を捧げ尽くした男であった。今の日本・世界の政治の混迷を見るにつけ、この孫文の人生から、時代を切り開く生き方・考え方を学ぼうとして、掲げたテーマであった。
 余談になるが、かつて中国で文明シンポを開催したとき、私に対して、「日本の孫文」というニックネームをいただいたことがあった。もう10年近く昔のことであるが、話をしながら、そんなことも思い出した次第であった。

|

« 3月19日(土) 地震より 1週間経て 被災地に 復興目指す 気力が出でしか? | トップページ | 3月21日(月) 震災も 原発事故も 大事だが そればかりでは 世界が見えぬ »