« 3月7日(月) ヴァチカンと ローマの遺跡を 巡り見て 胸に迫るは 古人の祈り | トップページ | 3月9日(水) 移動日と 朝2時半に 起こされて パリ見て回るも 夢うつつなり »

3月8日(火) 一日で 20キロも 歩きけり まち全体が 博物館だと

 続いてこの日も、ローマでの自由行動日。まず、昨日入ることができなかったサン・ピエトロ寺院に行き、その荘厳な教会建築と付属博物館を見た後、ポポロ広場へ。そこから、広大な面積を持つボルゲーゼ公園へ。その美しい公園をじっくりと時間をかけて見て回ってから、次にはスペイン広場、そしてその周辺地域を散策。その中には、ローマ滞在時のゲーテが住んでいたとされるゲーテハウスもあった。

Mx4500fn_20110316_161508_005

 そこから一度ホテルに戻って、服装を改めたのち、トレヴィの泉を訪れ、そこから向かったのが、オールセインツ教会。ここでこの夜、数々のオペラ歌曲を披露するコンサートが開かれることになっていて、日本出発前に、インターネットで予約をしていたのであった。とてもすばらしいコンサートであった。
 以上、一日にローマで歩き回った歩数は、3万歩弱。私の歩幅は大体65センチであるから、おおよそ20km の距離を歩いたということになる。まちというのは、そこで使う交通手段によって、随分その印象を異にするものである。ただ単にバスで通り過ぎるだけであれば、象徴的な建物や風景が断片的に記憶に残るだけであるが、歩いて回ると、まち全体が自分の体と溶け合ってくるような気がしてくる。おそらく、娘の記憶にも、そんな体感を伴うものを残せたのではないかと思う。

|

« 3月7日(月) ヴァチカンと ローマの遺跡を 巡り見て 胸に迫るは 古人の祈り | トップページ | 3月9日(水) 移動日と 朝2時半に 起こされて パリ見て回るも 夢うつつなり »