« 5月11日(水) 普天間を 嘉手納に統合 提案が 米議会にも 生まれしと聞く | トップページ | 5月13日(金) Ikinatino(いきなりの) Panic atono(パニック後の) Sakaotosi(逆落とし) 権威に対する 拒絶反応! »

5月12日(木) 水位計 狂っていたって こりゃ何じゃ 群盲が生む メルトダウンよ!

Mx4500fn_20110517_183528_004

 東京電力は12日、福島第一原発一号機で原子炉圧力容器内の水位計を点検し、調整した結果、その水位は、燃料棒の上部から少なくとも5m低かったと発表した。そうなると、これまでは水の注入などにより、燃料棒の冷却が行われていると判断されてきたわけであるが、実は、燃料棒のすべてが露出をしてしまっていて、全く冷却がなされず、その結果、おそらくは燃料棒の大半が自らの熱によって溶融し、圧力容器の底に貯まる形になってしまっていたということになる。そしてさらに、その底に貯まった燃料の熱によって、圧力容器の底が損傷して穴が開き、強い放射能を帯びた水と燃料とが外へ漏れ出していた可能性が高いということである。
 おやおやと思う。これでは、これまでの発表はすべて違っていたということではないか。燃料棒が十分に冷却されていることを前提として、対策も打ち出されていたのではなかったか。その判断の一番大事なデータが全く信用できないものであったということである。
 「群盲、象をなでる」という言葉があるが、全体を見ずに、部分だけをあれこれとみて判断していたとするならば、あまりに稚拙な対応であったと言わざるを得まい。ほとほと愛想を尽かした次第である。

|

« 5月11日(水) 普天間を 嘉手納に統合 提案が 米議会にも 生まれしと聞く | トップページ | 5月13日(金) Ikinatino(いきなりの) Panic atono(パニック後の) Sakaotosi(逆落とし) 権威に対する 拒絶反応! »