« 5月31日(火) 人間は 自他を害する ことさえも 今さえよけりゃと 因果な生き物 | トップページ | 6月2日(木) フワフワと ただ漂える 国会を 横目に我は 地域のキャラバン »

6月1日(水) 軽すぎる これじゃあまりに 薄っぺら ○×だけの 党首討論

Mx4500fn_20110606_160657_003

 内閣不信任案の提出と採決をめぐって、国会が大きく揺れ動いている。それは、与党と野党の対決というのみならず、与党・民主党内部における権力闘争の意味合いも含んで、複雑怪奇な動きを生み出してきているようである。
 そんな中で、今日は、国会で党首討論が行われた。既に、自民党と公明党が、党首討論終了後に内閣不信任案を提出すると決定したうえで臨んだ討論であるから、これはあくまで形式的なものであり、また多少なりともその内閣不信任案採決に向けて、ポイントが稼げるようにとの思惑だけで、論戦が戦わされたという性質のものであった。
 私は、テレビ中継を見ることはかなわず、後でニュース番組ように編集された映像を見ただけであったが、想像したとおり、もうこの議論から何らかの建設的な成果を得ようとする議論ではなく、ただ野党側党首たちにしてみれば、少しでも政権側にダメージを与えようとし、一方、与党の代表である菅総理は、防戦一方という形であった。
 一言で言えば、あまりに軽すぎる議論であった。傾聴に値する内容のない薄っぺらな議論であった。正直なところ、国政が、○か×か二者択一でしか語られないという姿に、心寂しさを禁じ得なかったのである。

|

« 5月31日(火) 人間は 自他を害する ことさえも 今さえよけりゃと 因果な生き物 | トップページ | 6月2日(木) フワフワと ただ漂える 国会を 横目に我は 地域のキャラバン »