« 6月21日(火) 永田町 言葉の豪雨が 降りしきり 各地に水害 日本列島 | トップページ | 6月23日(木) 中身より 形とメンツの 国会に 距離置き眺む 民の良識 »

6月22日(水) 国会の 混乱尻目に 我四国にて キャラバン、講演 OAKの執筆

Mx4500fn_20110629_231648_001

 通常国会会期150日の最終日。この会期延長をめぐっては、被災地対策もあって、ずいぶんすったもんだがあったが、結局、8月末までの70日間の会期延長が決定。とても見ていられない政界の混乱ぶりであった。
 私はといえば、今、地元四国で、永田町の混乱と全く無縁の生活である。各地へのキャラバン活動、依頼があれば、講演活動、そして、OAK・TREE誌の執筆編集作業。こんなことをしながら、国政の混乱を尻目に自由な生活を送っていることに対する罪悪感が、胸の中に生まれてこないというわけではない。このままでは駄目だ、非力を尽くしてでも、何かをせねばという気持ちがないわけではない。しかし、中途半端な気持ちで行動を起こしてみたところで、体質的に重篤な病に陥ってしまっている日本政治を簡単に動かせるわけではない。かえって、その混乱に輪をかけてしまうだけかもしれないという良識の声が、私の思いを封じ込めているのである。
 そして、今は行動するよりも、思いを深め、将来像を描き出す作業に専念する方が、よりこの国のために大事な仕事をしていることになるのだと、自分で自分を納得させているところがある。そうなのだ。自分がより大きな人間になり、この社会の様々な問題を自分のうちにおいて処理できるようになることが肝要だ。そう思う。

|

« 6月21日(火) 永田町 言葉の豪雨が 降りしきり 各地に水害 日本列島 | トップページ | 6月23日(木) 中身より 形とメンツの 国会に 距離置き眺む 民の良識 »