« 1月15日(日) 一週間 各地巡りて 戻るなり 仕事山積 問題山積 | トップページ | 1月17日(火) もう17年 かの震災を 乗り越えし 人ら思えば 道は必ず… »

1月16日(月) 民主党 政権担いて 2年半 明暗半ばす 党大会かも

Mx4500fn_20120128_193314_002

 民主党党大会が開催される。そこに出席した野田総理は、「一体改革という人気のない政策を訴えているが、これをやりきることなくして日本と国民の未来はないと確信している」と述べ、改めて、社会保障と税の一体改革に向けての決意を表明した。そして、解散を求める声に対しては、「やるべきことをやり抜いて民意を問うことをはっきり宣言したい」として、この一体改革の道筋をつけることなく解散には応じることはないとの決意も表明した。
 この総理の姿勢に対して、民主党内は必ずしも一枚岩ではない。さまざまな意見があり、離党していく議員も数多くいる中で、これから先も、難題山積である。しかし、政権を担うということは、国家としての一つの意志をまとめ上げ、それを実施していく責任を担うということと同義である。民主党が政権を担って、もうすぐ二年半、政権党であることの喜びとつらさ、民主党議員は、その両面をひしひしと肌に感じているものと思う。
 そういえば、野田総理の眼帯。報道によれば、夜中の電話に出ようとして、暗やみで柱にぶつかったせいだということだが、何となく、現在の民主党の影の部分をこの眼帯で覆い隠しているような印象でもあった。皆さんの印象は、いかがであっただろうか。

|

« 1月15日(日) 一週間 各地巡りて 戻るなり 仕事山積 問題山積 | トップページ | 1月17日(火) もう17年 かの震災を 乗り越えし 人ら思えば 道は必ず… »