« 9月24日(月) 本物の まち起こしとは 何ぞやと 語りかけたり 今治の夜 | トップページ | 9月26日(水) 登山せり 石鎚山頂 社務所にて 安倍総裁の 誕生知れり »

9月25日(火) 台湾の 漁船団が 領海侵犯 これも裏では 中国の指示?

Mx4500fn_20120929_140330_003

 この日の午前7時過ぎ、台湾の漁船団が尖閣諸島にやってきて、漁船約40隻と巡視船12隻が日本の領海に侵入した。正午前には、すべて領海外に出て、台湾に戻ったという。日本側は、海上保安庁の巡視船から放水を実施し、領海外への退去を警告したというが、その様子を映し出したテレビ映像を見ていると、暴走族を相手に取り締まりを行おうとする警察と同じで、実力行使が許されない環境下で、多数の漁船を相手にして、イタチごっこを展開しているような印象であった。
 それにしても、テレビ報道でも伝えていたが、今回の台湾側の漁船団に対して、中国政府に近い関係にある台湾企業が資金提供をしていたということである。つまり、間接的に中国政府の意向を受けたデモンストレーションであった可能性が高く、中国側は、何が何でも日本を屈服させたいとして、ありとあらゆる手を繰り出してきているということであろうか。
 少し前には、日本の公的機関に対するサイバー攻撃、日本人の関係する書籍の発行停止、各種友好交流事業の中止、日本への観光ツアーの中止要請、通関手続き等における経済活動の妨害、これらの指示命令に係る実態は必ずしも明らかではないが、何にしても独裁的権力構造であればこそ為せること。これから先、中国は、世界を相手に文化的摩擦を拡大していくことになるのであろうか。

|

« 9月24日(月) 本物の まち起こしとは 何ぞやと 語りかけたり 今治の夜 | トップページ | 9月26日(水) 登山せり 石鎚山頂 社務所にて 安倍総裁の 誕生知れり »