« 9月27日(木) 安倍自民 鹿と猪 二頭立て あと蝶あれば 猪鹿蝶だね | トップページ | 9月29日(土) 東シナ海は 太平洋より 広きかな 米中二国の 狭間にありては »

9月28日(金) 日本に 秋風が立つ 季節かな… 冬来たりなば 春遠からじか?

Mx4500fn_20121001_230218_002

 日中国交正常化40周年記念日を翌日に控えて、中国の楊外相が、国連総会一般討論で演説。沖縄県・尖閣諸島は「中国固有の領土」と主張し、「日清戦争末期に日本が中国からこれら島々を盗んだ」と発言。それに対して、日本側も反論権を行使、激しい応酬を行ったということだ。中国の李国連大使は、「日本による尖閣諸島の国有化は、泥棒の論理」とまで言葉を尽くして批判したそうだ。中国軍は、海軍艦艇を尖閣諸島の近くに展開しているらしく、武力衝突の懸念も否定できない状況である。
 一方、日本国内の状況はと言えば、この日、「日本維新の会」が政党設立の届け出を提出、受理された。また、電源開発が、建設中断となっていた大間原発建設工事再開の方針を発表。その他、オスプレイの沖縄配備問題もあり、いろいろな問題で、国論がばらばらになってきている。南洋上には、巨大台風17号が日本列島を直撃するコースを進んできている。
 日本に、秋風が立つ。今は、そんな表現が似つかわしいなと辺りの風景を見廻してみる。秋来たりなば、冬遠からじ。そして、冬来たりなば、春遠からじ。冬の寒さに耐え、来るべき春のために何を為せるだろう、そんなことを感傷的に考えたのであった。

|

« 9月27日(木) 安倍自民 鹿と猪 二頭立て あと蝶あれば 猪鹿蝶だね | トップページ | 9月29日(土) 東シナ海は 太平洋より 広きかな 米中二国の 狭間にありては »