« 9月29日(土) 東シナ海は 太平洋より 広きかな 米中二国の 狭間にありては | トップページ | 10月1日(月) 内閣の 改造話題に なりもせず 政治は時代と 波長が合わない? »

9月30日(日) 台風の 大雨の中 書院にて 語りかけたは 「本物人生」

 台風17号が、日本列島に来襲。私が住む四国の瀬戸内側では、かなりの大雨が降ったが、心配した風はさほどでもなく、被害もほとんどなかったようだ。しかし、ほかの地域では、暴風雨や高波による被害があり、死者や負傷者、家屋倒壊や床上浸水、交通の混乱などが出ているようである。心からお見舞いを申し上げたい。

Mx4500fn_20121001_230218_004

 この日、私は、新宮の若葉書院で、「四国マグマアカデミー」を開催。台風が四国に最も近づく正午過ぎの開催であったので、参加者がやって来れないのではないかと心配したのであるが、結局は5名が参加。その人たちを相手に、「本物の人生」ということについて語りかけた。
 今の時代は、嵐の中。既成秩序や常識、これまでの実績や今後の展望など、社会のありとあらゆる部分にこの嵐が襲いかかっている。それに伴って、日本国民がこれまで身にまとっていた様々な衣服が強い風に煽られて吹き飛ばされてしまっている時代である。個人の思想や信条までも強く揺さぶられている。それだけに、もう表面だけを着飾ったようなものでは通用しない、そんな思いが広がってきている時代ではないだろうか。
 だから、この強い台風17号の真っただ中で「本物の人生」ということを語ったことには、一定の必然性があったに違いない、そんなに感じたマグマアカデミーであった。

|

« 9月29日(土) 東シナ海は 太平洋より 広きかな 米中二国の 狭間にありては | トップページ | 10月1日(月) 内閣の 改造話題に なりもせず 政治は時代と 波長が合わない? »