« 9月2日(日) 橿樹舎で マグマ会合 開催す 船木の里に 秋風の立つ | トップページ | 9月4日(火) 日本が 優勝国だと 言ったって 胴元さんには かなわないよな! »

9月3日(月) 人はみな 花や実りに 興味あり? やっぱり根っこは 見えねえからな

 自民党の総裁選挙告示まで10日あまり、再選を目指す谷垣総裁は、出身派閥の古賀派会長である古賀誠・元幹事長に会って協力を要請したが、古賀氏からは逆に出馬辞退を促された。古賀氏は、谷垣氏に対して「今回は思い切って若い人を支持したい。若い人を育てる総裁選にしてはどうか」と述べたのだそうだ。
 これで、永田町では、谷垣総裁の再選を悲観視する声が広がり、谷垣氏は、今後大きな判断を迫られることになりそうである。
 振り返って、谷垣氏は、3年前に自民党が総選挙で大敗をした後に、政権奪還を看板に掲げて総裁となった。それ以来、300議席を超える民主党に対して、100議席余りの野党・自民党を指導して、公明党と連携しながらもう一歩で政権奪還というところまでやってきた。それだけに、本人の胸の内には複雑な思いが渦巻いているのではあるまいか。

Mx4500fn_20120913_171840_001

 選挙には、祭りの要素がある。地道で堅実というよりも、華々しさが求められるところがある。いくらしっかりと根を張って、太い幹を作りあげてきたといっても、人々の目を引くのは、枝の先に咲く花であり、枝の先に結ぶ果実である。その花や実の魅力をアピールできないトップでは、選挙は戦えないということか…。少し寂しい気持ちで聞いた、今日のニュースであった。

|

« 9月2日(日) 橿樹舎で マグマ会合 開催す 船木の里に 秋風の立つ | トップページ | 9月4日(火) 日本が 優勝国だと 言ったって 胴元さんには かなわないよな! »