« 6月17日(月) G8 サミット開幕 かつてほど 話題にゃならぬが 世界を動かす | トップページ | 6月19日(水) 核兵器 使うことなく 60年余 博物館へでも 持っていくかな? »

6月18日(火) 動物の 体の中で 人間の 臓器を作る…? よく分からない

 政府の総合科学技術会議に置かれている生命倫理専門調査会は、動物の受精卵にヒトの細胞を混ぜた「動物性集合胚」を動物の子宮に移植する研究について、それを大筋で容認した。これにより、動物の体内で、ヒトの臓器が作られるかどうか、その可能性を検討するということだ。
 これまでに人類が得てきた科学的知見を総合すれば、確かにそういう結果を導くことができるのであろう。そして、本当にこれが実用化されるのであれば、機能不全に陥った臓器を自由に取り替えることが可能になるわけで、人間の寿命は大きく伸びることになるだろう。

Mx4500fn_20120622_131333_004

 しかし、疑問や懸念も数多くある。遺伝子レベルで色々な操作を行うことになれば、これまで厳然と存在していると認知されてきた、ヒトとその他動物との境界が曖昧になってくることとなる。その境界線をいかに厳密なものとして守ることができるのであろうか。さらに、この種医療が現実化したときに、おそらくは膨大な費用を要する医療になると思うが、貧富の格差問題が顕著になってくることはないだろうか。
 具体的には、豚の臓器が人間の臓器とほぼ同じ大きさであることから、豚で実験が行われるようである。「こいつは、トンだことになってしまった」とは、豚のつぶやき。

|

« 6月17日(月) G8 サミット開幕 かつてほど 話題にゃならぬが 世界を動かす | トップページ | 6月19日(水) 核兵器 使うことなく 60年余 博物館へでも 持っていくかな? »