« 6月19日(水) 核兵器 使うことなく 60年余 博物館へでも 持っていくかな? | トップページ | 6月21日(金) 人生を 面白おかしく 生きた人 それが本質 平賀源内 »

6月20日(木) G8 首脳の発言 などよりも 注目集めし バーナンキさん

 米連邦準備制度理事会のバーナンキ議長が、記者会見の中で、「現行の量的緩和策第3弾を年内に縮小し、さらに来年半ばにはそれを終息させる可能性」を示唆した。そしてそれを受けた金融市場は、この金融緩和の縮小がおこなわれれば、市中の資金も引き揚げられることになり、これまでの株高を支えてきた金融状況が変化するとの思惑から、アメリカの株価が下落、その影響が世界に広がった。
 今、世界各国は、国内景気を維持するため、金融緩和路線をとっている。しかし、中央銀行の景気・物価調整機能を有効にするためには、この金融緩和政策の出口を作らなくてはならない。それがどのようなタイミングでどの規模で行われるかということにより、金融市場は大きく動くことになる。これはアメリカだけにとどまるものではなく、ドルが基幹通貨であるだけに、世界中の市場に影響を及ぼすものである。

Mx4500fn_20120624_223640_002

 それだけに、今回のバーナンキ議長の発言には注目が集まっていた。少し前に開催されていたG8サミット以上の注目度であってもいいかもしれない。改めて、お金の持つ国際的影響力の甚大さに思いをいたさざるをえなかったのである。

|

« 6月19日(水) 核兵器 使うことなく 60年余 博物館へでも 持っていくかな? | トップページ | 6月21日(金) 人生を 面白おかしく 生きた人 それが本質 平賀源内 »