« 6月28日(金) 臼杵市の 重鎮並ぶ 会議室に 静寂破る 鹿威しかも? | トップページ | 6月30日(日) 石仏と 心の小径が コラボして 何を生み出す 臼杵のまちに »

6月29日(土) 大分の 大地を破る 新芽かな 教師が集う 人間論ゼミ

Mx4500fn_20130706_114552_003

 別府市内の教育関係者共済施設で、「第一回大分教師人間論ゼミ」が開催された。その主催団体は、大分県公立高等学校教職員組合。これは、昨年も、夏の研修会に私を呼んで下さった組織であるが、その時のご縁から、この教師人間論ゼミが今年度の新規事業に取り入れられることになったものである。そして、その初回の講師を依頼されて、やってきたという次第である。
 そこでこの話の内容としては、私はこれまで行ってきた「教師人間論ゼミ」の基本的な考え方や内容についてご紹介をし、その上で、具体的に吉田松陰を取り上げてのゼミを開催させていただいた。
 参加者は約20名。決して多い人数ではなかったが、参加者の姿勢は、とても真剣であった。このような真摯な人たちによって運営されるならば、この教師人間論ゼミは必ずや大きく成長していくに違いないと確信させられるものであった。
 言ってみれば、今回のゼミは、大分教育界という大地に、新しい芽が生まれたことを意味している。新しい取り組みには必ず批判や反発もある。それを恐れずに力強く育ってほしいと心から願った。

|

« 6月28日(金) 臼杵市の 重鎮並ぶ 会議室に 静寂破る 鹿威しかも? | トップページ | 6月30日(日) 石仏と 心の小径が コラボして 何を生み出す 臼杵のまちに »