« 4月10日(日) 黄門様の 実の兄貴が 高松藩祖? 歴史って何と 人間臭い… | トップページ | 4月12日(火) 衆院の 補選始まる この夏の 参院選の 解を求めて… »

4月11日(月) 広島にゃ 世界動かす 力あり? 平和の祈り 外相サミット

Mx4500fn_20160414_142915_003

 主要7か国(G7)による外相会合が、被爆地広島で、昨日から開催されている。そして今日は、各国外相が、広島の平和記念公園を訪問。平和記念資料館の視察を行った後、原爆慰霊碑に献花した。ここで、ケリー米国務長官から提案が行われ、急遽原爆ドームの視察を行うこととなった。
 アメリカではこれまで、日本に投下した原爆は、「大戦を早期に終結させるために必要なものであった」とする主張が強く、アメリカ政府の高官が、原爆投下地である広島や長崎を訪問することを認めないという空気が強かったという。だから、今回、ケリー国務長官が広島を訪れるに当たっても、平和記念資料館の内部にカメラを持ち込むことを禁止して、その映像がアメリカ国内で流れることがないように配慮したようである。ところが、ケリー国務長官は、自らその既定路線を否定して、原爆ドームを訪問。その映像が世界中に流れるように自らが仕向けたのである。これが本当に当初計画されたことでなかったとするならば、ケリー国務長官は、広島を訪れ、資料館で原爆の悲惨な被害実態を目にする中で、心変わりしたということになるのだろう。
 とすれば、広島には、人々の心を動かす強い力が宿っているということだ。「百聞は一見にしかず」であろうか。そしてその思いは、「広島宣言」にも織り込まれた。世界中の指導者が「広島を訪れることを希望する」と表現された。これが核兵器全廃への大きな一歩になることを期待したい。

|

« 4月10日(日) 黄門様の 実の兄貴が 高松藩祖? 歴史って何と 人間臭い… | トップページ | 4月12日(火) 衆院の 補選始まる この夏の 参院選の 解を求めて… »