« 4月20日(水) 三菱が 燃費データを 改ざんす あの世で嘆くは 岩崎弥太郎 | トップページ | 4月22日(金) 神戸では 橋桁落下 九州じゃ 地震継続 気が重くなる… »

4月21日(木) エリザベス 女王は今日が 誕生日… 生まれた年は 昭和元年

 イギリスのエリザベス女王が、満90歳の誕生日を迎えられた。この日、夫であるエディンバラ公・フィリップ殿下と一緒に、ウィンザー城前に姿を見せられ、多くの人たちからの歓声に応えられたそうだ。
 エリザベス女王は、即位から64年、その間、世界中からの賓客をもてなすなど公務に励まれ、今でも、毎日欠かさずに国政報告に目を通しておられるそうだ。最近では、長男のチャールズ皇太子に公務を少しずつ譲っているそうであるが、それでも、昨年も300以上の公務をこなされたという。テレビ画面に映るそのお姿は、今もかくしゃくたるものであり、とても90歳という年齢には感じられない。超人的な女王である。

Mx4500fn_20160429_215312_004

 考えてみれば、お生まれになった1926年というのは、日本でいえば、昭和元年である。したがって、少女時代は、第二次世界大戦の最中。そして、戴冠式は1953年。昭和28年のことである。私が生まれたのは、昭和30年であるから、私の人生よりも長い間、国王として君臨してこられたということになる。イギリスにとっても、その年月は様々な苦難の歴史であったはずである。その間、ずっと国民のシンボルとして、強い信頼と敬愛の念を受け続けられ、最近の世論調査でも、イギリス国民の76%までが、「君主制の維持」を支持しているのは、エリザベス女王の献身的で誠実なお人柄を抜きにしては考えられないことだと思う。世界で最も強き女性と呼んでもよいのではないかと私は思う。

|

« 4月20日(水) 三菱が 燃費データを 改ざんす あの世で嘆くは 岩崎弥太郎 | トップページ | 4月22日(金) 神戸では 橋桁落下 九州じゃ 地震継続 気が重くなる… »