« 4月21日(木) エリザベス 女王は今日が 誕生日… 生まれた年は 昭和元年 | トップページ | 4月23日(土) 九州の 新幹線が ようやくに 運転再開 まだ一部だが… »

4月22日(金) 神戸では 橋桁落下 九州じゃ 地震継続 気が重くなる…

Mx4500fn_20160430_234452_001

 感覚的な言い方になってしまうが、このしばらく気が重くなるニュースが多い。
 その最大の理由は、九州の熊本と大分で続いている地震である。最初の地震が14日夜のことだから、もう一週間余りになるが、未だに強い地震が継続していて、数多くの人たちが避難生活を続けている。交通網も、新幹線や高速道路の不通区間が残っていて、物資などの輸送も回復していない模様である。そして、連日のニュースで、この被災地域の深刻な様子が報道され続けているのだから、気が重くなってくるのも当然のことである。
 それに加えて、今日は、神戸市内の新名神高速道路の延伸工事現場で、長さ約120メートル、重さ約1,350トンの橋桁が、約15メートル下の国道に落下した。工事を請け負っていたのは、三井住友建設と横河ブリッジの共同企業体というから、日本を代表する大手建設企業である。施工管理に、気の緩みや手抜きがあったとは思いたくないが、通常ではあり得ない事故と言わざるを得ない。今後、その原因追及が行われるはずだが、この日本社会の底に、何か大きな基本的問題が生まれつつあるのではないかという印象である。
 やはり、今という時が、大きな時代の転換点にあるということであろうか…そんなことまで考え始めた、このしばらくの日本の深刻な状況である。

|

« 4月21日(木) エリザベス 女王は今日が 誕生日… 生まれた年は 昭和元年 | トップページ | 4月23日(土) 九州の 新幹線が ようやくに 運転再開 まだ一部だが… »