« 8月26日(金) ふる里の 誇り発見 新居浜展 大鉱脈の その露頭かも… | トップページ | 8月28日(日) ギリシャ人 徳育こそが 教育と イソクラテスと プラトンの弁 »

8月27日(土) アフリカに 3兆円を 投資して 人も育てる 1000万人!

Mx4500fn_20160903_181502_003

 日本が主導してアフリカ開発を議論する「第6回アフリカ開発会議(TICAD6)」が、ケニアの首都ナイロビで開幕し、その基調講演に立った安倍総理は、今後3年間で官民総額300億ドル規模の投資を行い、あわせて技術者や医療専門家ら約1,000万人の人材育成にも取り組む考えを表明した。
 そのアフリカ支援の基本的な考え方として、安倍総理は、「質の高い、強靭で、安定したアフリカ」を目指す支援を行いたいと述べ、日本が行う支援が、長期的根本的にアフリカを発展させるものであることを強調した。
 この表明は、おそらく中国を強く意識したものであっただろうと想像する。私もかつて、アフリカを視察したことがあったが、どの国に行っても、経済援助を通して、中国の影響力が強まっていることを痛感した。しかしその援助は、国の指導層の歓心を得ようとするものが多く、必ずしも国民に手が届くものではなかった。だから、表面的な華々しさに比べて、実質的意味は弱い援助と言わざるをえなかったのである。それに対して、日本の場合は、貧しい国民の生活を向上させる意味合いの援助であった。理解してくれる人には、十分にそれが理解されていたと私は思う。
 現代の国際社会においては、国と国との間での経済格差は放置していい課題ではない。後進国を発展させるのは、先進国の義務と言ってもよいのではあるまいか。日本政府の取り組みが、実質的にその問題解決に結びつくことを期待したいものである。

|

« 8月26日(金) ふる里の 誇り発見 新居浜展 大鉱脈の その露頭かも… | トップページ | 8月28日(日) ギリシャ人 徳育こそが 教育と イソクラテスと プラトンの弁 »