« 8月13日(土) 兄が逝き 身内が寄りて 新盆す いたはずの人の いない淋しさ | トップページ | 8月15日(月) 戦争の 傷あと今も 疼く中 今年も行う 定期検診 »

8月14日(日) 辛抱(S)も もう(M)ここまでと あ(A)きらめて パッと(P)決断? 年末解散

 今日、マスコミを最も賑わせていたのが、「SMAP解散」の報道であった。これまで人気アイドルグループとして活躍してきた5人組、「SMAP」が、今年の年末で解散すると発表したというのである。
 この解散問題は、これまでも幾度もその噂が報じられてきたものであった。特に、今年初めには、もう解散は避けられないとまで報じられていた。その後なんとか元の鞘に収まったかと感じていたのたが、もうこれ以上は辛抱できず、グループとしての活動継続は無理だということのようである。スターという存在に徹しきって、あまり私情をまじえずに活動に取り組んできていたグループと思っていたのであるが、やはり人間同士。実際には様々な好悪の感情が渦巻いていたということであろう。それにしても、この報道を見ていると、「たかがSMAPされどSMAP」という印象である。人気というものは、本当に恐ろしいものだと思う。

Mx4500fn_20160826_145039_002

 私はこの報道に接しながら、花火を連想していた。大空一面を埋め尽くす花火は、その一瞬の輝きとともに消えていく。そしてその輝きゆえに、その後の闇の深さを痛感させられる。SMAPというアイドルグループも、5つの花火で、日本のみならず世界の大空を光り輝かせたのであったが、それももう少しで消えてしまう。おそらくはまた次の別の花火が打ち上げられるのではあろうが、なんともはかないものだと思う。

|

« 8月13日(土) 兄が逝き 身内が寄りて 新盆す いたはずの人の いない淋しさ | トップページ | 8月15日(月) 戦争の 傷あと今も 疼く中 今年も行う 定期検診 »