« 8月21日(日) 韓国じゃ チョン・ヤギョン(丁若鏞)への 再評価! 知恵あるリーダー 待望されしか… | トップページ | 8月23日(火) ナザレ園 沙也可の村など 訪問す! 戦の古傷 痛み出すなり »

8月22日(月) 礎に 信あればこそ 家は建つ! イ・ナギョン(李洛淵)知事と 今年も懇談!

 今日は、今回の旅でもっとも大切な一日。李洛淵・全羅南道知事との懇談会の日である。その懇談の時刻が、午前11時からであったので、それまでの時間を使って、まず「木浦共生園」を訪れる。昨年も訪れた場所であるが、高知県出身の田内千鶴子さんが3,000人もの孤児を育て、日韓友好のシンボルともなっている場所である。
 それから次には、知事との懇談会が予定されている会場に移動して、韓国におけるチョン・ヤギョン先生の研究と顕彰活動に取り組んでいる団体の幹部皆さんとの意見交換会。韓国側からはチョン・ヤギョン先生、日本側からは山田方谷先生について、相互に紹介し合い、理解を深め合った。

Mx4500fn_20160902_162734_002

 その後、李知事との懇談会。今回は、日本側の7名の方々が、事前に全羅南道政府に対する提案や報告を準備していて、それを知事にお話しした。そしてそれらに対して、知事のコメントをいただいた。昨年も同様の懇談会が行われたが、それと比べて、ずいぶん和やかであった。相互の信頼関係が深まってきているということであろう。何ごとであれ、共同作業を行うには、その礎が重要である。それは信であると思う。幾度かの交流を通して、その信頼感が大きく育まれてきていることを知って、とても嬉しく思った。
 この日は、その後、南原に移動。ここも秀吉軍との激しい戦いがあった場所で、その城跡や「万人義塚」と命名された墓を訪れて、当時の戦いを偲んだ。
 この日の夜は、大邱で宿泊。

|

« 8月21日(日) 韓国じゃ チョン・ヤギョン(丁若鏞)への 再評価! 知恵あるリーダー 待望されしか… | トップページ | 8月23日(火) ナザレ園 沙也可の村など 訪問す! 戦の古傷 痛み出すなり »