« 8月22日(月) 礎に 信あればこそ 家は建つ! イ・ナギョン(李洛淵)知事と 今年も懇談! | トップページ | 8月24日(水) 長旅を 終えて戻った 我が家にて 体重測れば 4キロオーバー! »

8月23日(火) ナザレ園 沙也可の村など 訪問す! 戦の古傷 痛み出すなり

Mx4500fn_20160902_162734_003

 大邱では、3つの場所をこの日訪れた。
 最初に訪れたのは、「洛東江戦勝記念館」。朝鮮戦争当初、北朝鮮軍に攻め立てられて、韓国側は釜山周辺の小さなエリアにまで追いやられていた。その状況で、初めて大きな勝利を収めたのが、この洛東江での戦いだったのだそうだ。それを記念して、立派な記念館が造られていた。朝鮮戦争の様子について、学ぶことができた。
 その次に訪れたのが「薬令市韓医薬文化館」。ここでは、「漢方薬」ではなく、「韓方薬」と表記されていた。東洋医学について、見識を広めることができたと思う。
 そしてその後昼食を摂り、向かったのが、「沙也可の村」。文禄の役の時に、日本側に戦の大義がないとして、朝鮮軍に投降。その後、朝鮮側の武将として戦った金忠善という人の子孫が、今もここで生活をしているという場所である。温かくお迎えいただいて、いろいろな展示などを見せていただいた。
 さらに慶州市に移動。ここでまず訪れたのが「ナザレ園」。戦争の後に韓国に残った日本人女性が身を寄せていた場所である。今は、そのほとんどが亡くなってしまい、もう10数名しか残っていないそうだが、その日本人女性とも交流することができて、充実した時間となった。さらに、慶州では、「仏国寺」も観光。
 戦争は、勝っても負けても、その後にいろいろなものを残していく。その古傷を感じて、心が痛んだ一日であった。

|

« 8月22日(月) 礎に 信あればこそ 家は建つ! イ・ナギョン(李洛淵)知事と 今年も懇談! | トップページ | 8月24日(水) 長旅を 終えて戻った 我が家にて 体重測れば 4キロオーバー! »