« 8月7日(日) 南洲の 思想と生き様 なかりせば 近代日本は 群島国家? | トップページ | 8月9日(火) 団体の 男子体操 金メダル 大悟の風貌 内村航平 »

8月8日(月) 「象徴」の 重責担い 歩んで来られ その結論が 生前退位?

Mx4500fn_20160812_143931_002

 この日、天皇陛下が、テレビを通じて、ビデオメッセージでお気持ちを表明された。約10分間にわたって、物静かな表情で、あらかじめ準備していた文章を読み上げられた。
 このビデオメッセージの中で、天皇陛下は、自らの歩みを振り返られるとともに、この先の「象徴」としての望ましい在り方について、自分の思いを語られた。具体的には、自らの病気のことや、高齢に伴う体力の低下などを意識される中で、「従来のように重い務めを果たすことが困難になった場合、どのように身を処していくことが、国にとり、国民にとり、また、私の道を歩む皇族にとり良いことであるか」と問題提起をされ、もうこれまでのように、「全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが難しくなるのではないか」と国民に向かって、懸念を語り掛けられたのである。
 この日は一日、この話題が、報道の中心であった。そして、普段はそれほど強く意識していない天皇陛下の存在について、改めて深く考えさせられた。そして、世界中が大きく混乱に向かう中で、日本が比較的落ち着いた社会を維持できているのは、やはり、天皇陛下が象徴として揺らぐことなく存在しておられるおかげであることを強く感じた。
 今回のメッセージは、その象徴の重要性を強く認識される中で、陛下の危機意識を背景になされたものだろう。それだけに、虚心坦懐、その意の存するところを受け止めて、対処していかねばならない問題だと考えたのであった。

|

« 8月7日(日) 南洲の 思想と生き様 なかりせば 近代日本は 群島国家? | トップページ | 8月9日(火) 団体の 男子体操 金メダル 大悟の風貌 内村航平 »