« 9月29日(木) 岡山の 最上稲荷の 奥の院 山頂着いたら 雨降り出した… | トップページ | 10月1日(土) 中国の 人民元が IMFの 構成通貨に 割り込んできた… »

9月30日(金) 小池知事 豊洲調査の 報告後 いよいよ切り込み 都庁体質

Mx4500fn_20161002_175317_003

 豊洲市場の盛り土問題に対する対応で関心を集めている、東京都の小池知事が、記者会見。この盛り土問題についての庁内検証報告を発表したが、その検証では、政策決定過程の責任者を特定できず、知事は、都庁において「ガバナンス(統治)と責任感が欠如していた」と強く批判した。
 この庁内調査については、都幹部は「今回で一区切り」との認識を示しているが、知事はそれで納得していない様子で、これから先は、知事が本部長を務める「都政改革本部」が、職員からの内部通報制度などを通じて、さらに全容解明を目指す考えだという。
 つまり、小池都知事は、今回の報告書に見られる都庁内部の「無責任体質」や「隠ぺい体質」こそを問題視し、それをマスコミに大きく取り上げさせ、さらに関係団体や都民の怒りを自らの味方にして、これまでの都庁体質に本格的な切り込みを始める構えのようである。いわば、この豊洲市場問題を切り口として、むしろこれまでの都庁の組織や体質を切り崩し、自分のリーダーシップを確立しようとしているように見える。
 問題は、それをやり抜くだけの力が、都知事にあるかどうかである。破壊は勢いだけでやれるが、建設には、細かな配慮と膨大な時間・エネルギーが必要である。今のところは、都知事側が都庁を追い込んでいる印象もあるが、さて今後のこととなると、いかがであろうか。

|

« 9月29日(木) 岡山の 最上稲荷の 奥の院 山頂着いたら 雨降り出した… | トップページ | 10月1日(土) 中国の 人民元が IMFの 構成通貨に 割り込んできた… »