« 9月7日(水) ASEANの 議長声明! 伊方での 原発運転! おっかなびっくり… | トップページ | 9月9日(金) 北朝鮮 核弾頭の 爆発実験! 落下死覚悟の 綱渡りかも… »

9月8日(木) ブラジルで パラリンピックが 開幕す 「協」対「競」の 矛盾抱えて

 ブラジルのリオデジャネイロでは、先日閉会したオリンピックに続いて、今度はパラリンピックが開幕。全世界から数多くの障害者たちが集まってきて、12日間の熱戦がこれから始まる。
 普段は、社会の日陰で生活し働く印象の強い障害者たちが、このパラリンピックの間は、強いスポットライトを浴びる。それが、多くの障害者たちに様々な希望を与えることになるだろう。また、障害を持たない人たちに、障害者に対する偏見を改める良い機会を提供することにもなるだろう。パラリンピックという名称は、「パラレル・オリンピック」の意味で、この頃は使われているのだそうだ。「もう一つのオリンピック」とでも訳せばよいのだろうか。選手たちの活躍と大会の成功を心から祈りたい気持ちである。

Mx4500fn_20160913_145115_003

 ただ、このパラリンピックには、大きな矛盾も含まれていることを忘れてはならないと思う。障害者福祉は、基本的には、効率や成果で競い合わない、つまり、強者も弱者も、協調する社会を理想に掲げて行われている。一方、パラリンピックは、ある競技ルールのもとで、世界一を目指して激しく競い合うという世界である。基本に、二律背反の大きな矛盾をはらんでいると言わざるを得ない。
 しかし、人が生きるとは、こうした矛盾の中で生きることでもある。そういうことも、このパラリンピックの機会に、認識し合う必要があるのではなかろうか。

|

« 9月7日(水) ASEANの 議長声明! 伊方での 原発運転! おっかなびっくり… | トップページ | 9月9日(金) 北朝鮮 核弾頭の 爆発実験! 落下死覚悟の 綱渡りかも… »