« 9月20日(火) 台風が またも上陸 日本列島 今現在で もう6個目だ | トップページ | 9月22日(木) 壮大な 宇宙進化を つかさどる 尊い存在 それが人間 »

9月21日(水) 人為的 経済操作は 劇薬か? 副作用への 懸念拡大!

Mx4500fn_20160928_144139_002

 日銀は、金融政策決定会合を開き、長短金利を政策運営上の目標とする新たな金融緩和の枠組みを導入。つまり、これまでのマイナス金利政策を維持した上で、さらに長期金利の指標となる10年物国債利回りを0%程度に誘導すると決定。さらに、この金融緩和政策を、物価上昇率が2%を安定的に越えるまで続けるという方針も示した。
 今回のこの決定については、長期金利というものが、政策的に誘導可能なものか否かという点に、疑問と批判が寄せられているようである。確かに、金融政策というものは、短期的には経済市場に強いインパクトを与えることができ、多少の経済誘導が可能だと思う。しかし、長期的な経済を金融だけでコントロールできるかといえば、それには私も疑問を持たざるを得ない。黒田・日銀総裁は、かねてから経済目標実現のためにできることはなんでもすると語ってきているから、今回も、その強い決意のもとに決定したことだと思うが、あまりにも目先での効果を求める「劇薬」的な手法に、今後の副作用が気がかりである。
 課題は、民間企業が強い経済競争体質を獲得し、日本経済そのものが強くなることである。金融面からのショック療法も必要だが、本当に企業体力が強化されてきているのかどうか、その面の検証もしっかりとせねばならないと思う。
 私自身は、少し前のマイナス金利政策も含め、現在の日銀の取り組みには、懸念を禁じ得ない気持ちである。

|

« 9月20日(火) 台風が またも上陸 日本列島 今現在で もう6個目だ | トップページ | 9月22日(木) 壮大な 宇宙進化を つかさどる 尊い存在 それが人間 »