« 9月5日(月) 中国に とりて日本は 目の上の タンコブかもね 無視もできぬが | トップページ | 9月7日(水) ASEANの 議長声明! 伊方での 原発運転! おっかなびっくり… »

9月6日(火) 武器なのか 武器じゃないのか 巡視船 フィリピン政府に 日本が供与

 ASEAN関連首脳会議出席のためにラオスを訪れている安倍総理は、この日、フィリピンのドゥテルテ大統領と会談。両首脳は、中国が進出を進める南シナ海問題について意見交換を行い、フィリピンの海上警備能力を高めるために、大型巡視船2隻をフィリピンに供与することを決定した。また、海上自衛隊の練習機「TC90」を最大5機貸与することも正式に決定。ドゥテルテ大統領は、それに一定の評価を与えた上で、この7月に出された仲裁裁判所判決について、「その結果は尊重されるべきだ。一方、中国の対話は今後も行っていく」と述べ、安倍総理はそれを支持する考え方を示したという。

Mx4500fn_20160913_145115_001

 これでとりあえずは、南シナ海問題で、フィリピンが中国に一方的に押し切られるのを防ごうということであるが、これで一件落着ということではあるまい。ドゥテルテ大統領は、一筋縄では行きそうにない政治家である。よく言えばタフネゴシエイターということになるが、悪く言えば乱暴狼藉者という印象である。日本やアメリカ、そして中国などを巻き込んで、自分の思いのままに状況を強引にふりまわそうとするかもしれない。それに、日本やアメリカの国民世論が対応しきれるかどうか、大きな懸念がある。
 それにしても、巡視船は武器ではないというのが日本政府の解釈であるが、国際的にその解釈が通用するものかどうか、それも気がかりである。

|

« 9月5日(月) 中国に とりて日本は 目の上の タンコブかもね 無視もできぬが | トップページ | 9月7日(水) ASEANの 議長声明! 伊方での 原発運転! おっかなびっくり… »