« 9月1日(木) 瀬戸芸を 訪ねる気持ちは 空振りだったが のんびりゆったり 本島キャラバン | トップページ | 9月3日(土) 米中が 「パリ協定」を 批准と発表! 両大国の つかず離れず… »

9月2日(金) 口でなら 容易なことも 現実は とても困難! 領土の奪還!

 ロシアのウラジオストクで、日ロ首脳会談。安倍総理にとって、これが14回目の首脳会談となるのだそうだ。
 日本とロシアとの間には、いまだ平和条約が結ばれていない。北方領土問題が解決しないというのが、その最大の理由であり、安倍総理は、プーチン大統領との信頼関係のもとに、なんとかこの解決を目指したいとの強い意向を持っているようである。しかし現実には、かつてソ連が北方領土を占領した経緯がいかなるものであったとしても、もうすでに70年あまり実効支配をし続けてきているわけであり、それを取り戻そうというのは中々容易なことではあるまい。プーチン大統領は、どちらかが負けたと感じない答えを見出したいと語ってはいるが、勝ち負けというのはかなり主観的な判断であって、そんなうまい答えが簡単に見つかるとはとても思えない。今回の会談で、プーチン大統領が12月に来日し、さらに話し合いを行うことが決定したようである。マスコミ各社が予測するように、この舞台が大きな山場になる可能性がある。新しい時代のコンセプトを取り入れた答えが生まれることを期待したいものである。

Mx4500fn_20160908_234655_001

 この日はちょうど、野党民進党の代表戦告示日でもあった。各候補は、それぞれに政権奪還を掲げてこの選挙に臨んでいる。しかし、一度失った信頼を取り戻し、政権に返り咲くということもなかなか困難な課題だと思う。
 この日の、「領土奪還」に関する二つの話題であった。

|

« 9月1日(木) 瀬戸芸を 訪ねる気持ちは 空振りだったが のんびりゆったり 本島キャラバン | トップページ | 9月3日(土) 米中が 「パリ協定」を 批准と発表! 両大国の つかず離れず… »