« 10月9日(日) 自らを 助くる者を 天助く そのキーワードは 努力と習慣 | トップページ | 10月11日(火) サムスンの スマホがついに 販売中止 韓国にとり 痛手は深刻? »

10月10日(月) 政策よりも 個人攻撃… トラ・クリの 討論会は いやはやなんとも

 アメリカ大統領選挙の第二回討論会が開催された。私は、その全体をテレビで見たわけではないので、論評する資格がないのかもしれないが、ニュースの中で紹介された部分だけから判断するならば、一国のトップを決める論戦としては、あまりにも情けない議論であったと言わざるを得ない。

Mx4500fn_20161013_214259_001

 これまでも、大統領選挙の中では、極端なネガティブキャンペーンが行われることがあり、両候補の間で中傷合戦が展開されるということがなかったわけではないが、今回ほど、政策次元での議論が行われず、ただ相手を個人攻撃し合うような論戦は聞いたことがない。特に、トランプ氏の発言が酷い。クリントン氏に対して「嘘つき」だとか、「恥を知れ」だとかいった罵詈雑言を投げかけ、挙句の果ては、「投獄されるぞ」とまで口にしたのだそうだ。
 当初は、トランプ氏ならば、既成政治の縛りを受けずに、なすべきことをやり抜いてくれるだろうと、その決断力と奔放さに期待する向きもあったが、こんな泥沼の争いを繰り広げるようでは、残念ながら、世界第一の強国のリーダーになるべき人だとはとても思えない。
 こんな人がアメリカ大統領になれば、世界中にこの泥試合を広げて、地球社会を泥沼の中に沈めてしまうかもしれない。身内の共和党内からも、候補者の交替を求める声が出ているというが、それもむべなるかなという印象…。

|

« 10月9日(日) 自らを 助くる者を 天助く そのキーワードは 努力と習慣 | トップページ | 10月11日(火) サムスンの スマホがついに 販売中止 韓国にとり 痛手は深刻? »