« 10月27日(木) 秋風に 昭和の一葉 散りにけり 生きとしものの 運命(さだめ)と言えど… | トップページ | 10月29日(土) 牛麓舎 講座その先 決めるのは 今方谷が 出現すること! »

10月28日(金) 韓国の 国民性は 激しいね 朴大統領が たちまち窮地に!

 韓国の朴大統領が、政権発足以来最大の窮地に立っている。世論調査によれば、少し前に内部文書を民間人女性の崔氏に手渡したことを認めて謝罪した直後には、支持率が14%、不支持率が78%にも達したということである。テレビでは、大統領の辞任を求める大規模なデモの様子が報じられていたが、激しい罵声を投げかける人々の姿に、朴政権が直面している困難の深刻さを思わざるを得なかった。

Mx4500fn_20161102_011002_004

 このような政権批判の激しい感情は、私たち日本人にはなかなか理解しがたいものがある。大統領による内部文書の漏洩は、法律違反ということであり、確かに批判されるべきものかもしれないが、それが果たして国家運営上にどれほどの悪影響を及ぼしたものかは、今現在の報道では判然としない。崔氏が設立した財団資金の流用疑惑についても、それがいかなるものであったか、よくわからない。
 このような状況で、朴大統領に対する支持率が急落し、自分たちが選んだ大統領に対して罵声を投げかける姿というのは、あまりにも感情的に過ぎ、私たち日本人の理解を超えるものであると言わざるを得ない。
 しかしこれが、韓国人の権力に対する姿勢なのであろう。自分たちにいささかなりとも不利益を生み出しかねない権力に対しては、徹底的にそれを否定する姿勢、こんな姿を見ていると、かつての日本統治時代における韓国人の反発も、少しは理解できる気がしてきたのであった。

|

« 10月27日(木) 秋風に 昭和の一葉 散りにけり 生きとしものの 運命(さだめ)と言えど… | トップページ | 10月29日(土) 牛麓舎 講座その先 決めるのは 今方谷が 出現すること! »