« 10月28日(金) 韓国の 国民性は 激しいね 朴大統領が たちまち窮地に! | トップページ | 10月30日(日) 政治塾 小池都知事の 呼びかけに 3000人もが 参加せりとや… »

10月29日(土) 牛麓舎 講座その先 決めるのは 今方谷が 出現すること!

 岡山県高梁市で、「平成牛麓舎」開催。今回は、自分たちで議論し合い、これからの活動についての提案をまとめることを目的としたものであった。
 まず私から、基本的な問題意識についての説明を行い、その上で、参加者に小グループでの議論をしていただいた。そしてそこで話し合われたことをそれぞれ発表していただき、それを最終的に、10項目の提案に取りまとめた。
 このような形をとったのは、地域から、自ら企画する夢が生まれ、それを自らが汗を流して育む力が生まれなければならないと考えたからであった。つまり、「牛麓舎」という名は、これまでも幾度も述べてきたように、江戸末期の思想家であり政治家であり、教育者でもあった、山田方谷が開設していた私塾の名前を借りてきたものであるが、その「牛麓舎」の精神を生かすとすれば、ここで育てなくてはならないのは、「今の時代を生きる方谷」、つまり、「今方谷」であると考えたからであった。そこで、今日のイラ短では、卵の殻を破って、「今方谷」が誕生する姿を描いた。

Mx4500fn_20161104_185544_001

 昔から、教育の世界で大切なのは、「啐啄同機」であると言われている。雛が卵の中から殻をつつくと同時に、親鳥が外側から殻をつつき、その殻を割ることの重要性を語る言葉である。卵の中から、殻を割って外に出ようとする力が生まれ出てくることがまず大切である。そんな動きがこれから生まれることを期待したいと思う。

|

« 10月28日(金) 韓国の 国民性は 激しいね 朴大統領が たちまち窮地に! | トップページ | 10月30日(日) 政治塾 小池都知事の 呼びかけに 3000人もが 参加せりとや… »