« 10月30日(日) 政治塾 小池都知事の 呼びかけに 3000人もが 参加せりとや… | トップページ | 11月1日(火) ミャンマーの 未来拓くは スーチーさん 政権を得て 初の来日 »

10月31日(月) 仮装して 歩く楽しみ ハロウィンの 人らに宿るは 変身願望?

 ハロウィンの日。インターネットで調べてみると、そもそも「ハロウィン」というのは、「古代ケルト人が起源と考えられている祭のことであり、毎年10月31日に行われる」とある。本来は、この日が、ケルト人社会では一年の終わりの日であり、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていたそうである。そんな日に、秋の収穫を祝い、悪霊等を追い出す宗教的意味合いにおいて、悪霊や魔女から身を守るために仮面をかぶり、魔除けのたき火を焚いたのだという。それが、今では、仮装を楽しむだけの、宗教色をあまり持たない祭りに変わってきたそうである。

Mx4500fn_20161104_185544_003

 テレビを見ていると、仮装者がたくさん集まってくる東京・渋谷の街の様子が報じられていた。参加者がそれぞれに思い思いの仮装をして、楽しんでいる様子が、私たちにも伝わってきた。それを見ながら、今の時代は、法律的には様々な自由が保障されながら、その一方では、報道やSNS上などで、常識を逸脱する行為が暗黙のうちに厳しく批判され抑制される世相でもあり、こんな機会に、日常の自分を打ち破る、「変身願望」とでも呼ぶべきものを発露してみたい、という思いが渦巻いている印象であった。
 人間には、確かに、日常生活を重視する「ケ」だけでなく、「ハレ」の時が必要なのだと思う。特に、地域の祭りが失われている都会においては、このハロウィンのような行事が、この「ハレ」の役割を果たしているということだろうか。

|

« 10月30日(日) 政治塾 小池都知事の 呼びかけに 3000人もが 参加せりとや… | トップページ | 11月1日(火) ミャンマーの 未来拓くは スーチーさん 政権を得て 初の来日 »