« 10月23日(日) 個人的 悩みの自殺? それなのに なぜ人巻き込んだ 元自衛官…? | トップページ | 10月25日(火) 世界中 リーダー像が 溶けてきた… アメリカだって 日韓だって… »

10月24日(月) これまでの 働き方を 改革と… 連想したのは 島倉千代子

 政府の「働き方改革実現会議」が、第2回目の会合を開催。この日のテーマは、①テレワークや副業・兼業などの柔軟な働き方、②多様な選考・採用機会の提供、③病気治療と仕事の両立、④働き方に中立的な社会保障制度、⑤女性が活躍しやすい環境整備、の5点であったという。
 この会議に出席した安倍総理は、「一人ひとりのライフステージに合った仕事の仕方を選択できる社会をつくり上げたい」と述べて、特に、「病気治療と仕事の両立に力を入れる」と訴えたそうである。

Mx4500fn_20161029_094344_003

 多くの人々にとって、仕事はその人生の中心に据えられるものだと思う。ということは、その仕事における「働き方」の条件は、その人生のあり方や考え方にも大きな影響を及ぼすものだと言えるだろう。それだけに、この議論は、単に経済性や効率性だけを論じればいいというものではなくて、様々な要素を織り込んだ議論を展開しなければならないものであり、容易なものではないと思う。また、世の中の変化にも、うまく対応していかねばならないものだろう。
 かつて島倉千代子の歌に「人生いろいろ」というのがあった。「人生いろいろ,男もいろいろ、女だっていろいろ、咲き乱れるの」という歌詞がサビの歌であり、当時一世を風靡する勢いがあった。一つの決まりきった枠組みの中だけで生きるのではなくて、様々な生き方があると思えば、人生が変わっていくのだと訴えかけた歌であった…。

|

« 10月23日(日) 個人的 悩みの自殺? それなのに なぜ人巻き込んだ 元自衛官…? | トップページ | 10月25日(火) 世界中 リーダー像が 溶けてきた… アメリカだって 日韓だって… »