« 10月20日(木) アメリカじゃ 大統領の 選挙まで 2週間余 最後の論戦 | トップページ | 10月22日(土) マイカーを 走らせ一路 東京へ! 要した時間は 約12時間! »

10月21日(金) 大地震 今度は鳥取 震度6 やっぱり変調? 日本列島!

 この日午後2時7分頃、鳥取県の中部地域を震源とする地震が発生し、その震源近くの倉吉市や湯梨浜町、北栄町で、震度6弱を観測したという。地震の規模を示すマグニチュードは、6.6とされている。この時は、震源からかなり離れている私が住む新居浜市でも、揺れが感じられた。かなり広域に影響を及ぼしたようである。テレビを見ていると、今回の地震では、倒壊した家は少なかったようであるが、屋根瓦が落下したり、壁にヒビが入ったりする家が相当数出ているようであり、かなりの数の人たちが避難所に移っているということである。
 報道によれば、この1年間に、鳥取県中部地域を震源とするマグニチュード4以上の地震が、3度も発生していたらしい。この地域も、地震の巣のひとつだということか。

Mx4500fn_20161027_231530_005

 振り返れば、このしばらく、日本列島では大地震が続いている。この地震は、地殻を構成するプレートの移動と強いかかわりを持っているということだから、やはり日本列島を取り巻く地殻の変動が著しくなってきていて、それに伴って地震が多発してきているということなのであろうか。
 今年は、台風の日本列島上陸数も観測史上第二位だったという。夏の暑さや冬の寒さも、尋常ではなかった。日本列島全体が変調をきたしていると言えなくもない。日本国民の心理に、大きな不安感を与える一要因となっているのではないかと心配である。

|

« 10月20日(木) アメリカじゃ 大統領の 選挙まで 2週間余 最後の論戦 | トップページ | 10月22日(土) マイカーを 走らせ一路 東京へ! 要した時間は 約12時間! »