« 10月22日(土) マイカーを 走らせ一路 東京へ! 要した時間は 約12時間! | トップページ | 10月24日(月) これまでの 働き方を 改革と… 連想したのは 島倉千代子 »

10月23日(日) 個人的 悩みの自殺? それなのに なぜ人巻き込んだ 元自衛官…?

 この日昼前、宇都宮市の宇都宮城址公園で、爆発事件発生。1人の男がバラバラになって死亡したと同時に、近くにいた3人がこの爆発に巻き込まれて重軽傷を負った。なおこの爆発の直前には、近くの駐車場で、この亡くなった男の乗用車が爆発を起こしていて、車2台に延焼したという。さらには、この少し前に、公園から8kmほど離れた場所にある、この男の自宅からも出火。この家が全焼したほかに、近隣5棟の一部や車庫、自動車などを焼いたという。

Mx4500fn_20161029_094344_002

 なんとも不思議な事件であるが、この亡くなった男の靴下には、遺書があり、その中には、個人的な悩みなどが書き綴られていたということであるから、おそらくは、自らの悩みに基づいた自殺ということであろう。なお、この男は、元自衛官であったと報じられている。
 しかし自殺するというだけならば、こんな大げさなことをする必要はないはずである。他の人たちを巻き込む可能性のある爆発物を使った自殺、ということは、やはり何らかの恨みや怒りが背景に宿っていたと考えざるを得ない。そしてさらに、それを社会的にアピールする意図もあったものと思わざるを得ない。この男の心の中に宿っていた闇とは、いったいいかなるものであったのだろうか。単なる個人の問題であったのか、それとも何らかの社会的な問題を背景に宿したものであったのだろうか。人の心の中にある絶望的な闇の深さに、戦慄する思いを禁じ得なかった。

|

« 10月22日(土) マイカーを 走らせ一路 東京へ! 要した時間は 約12時間! | トップページ | 10月24日(月) これまでの 働き方を 改革と… 連想したのは 島倉千代子 »